幸運のビジョンを得る天秤座の新月

sponsored link

本当の喜びや願いが目覚める期間という記事を

書きましたが、実はこの記事で書いた金星と

海王星のオポジションは、トランジットの

ノード軸とスクエアになっていて柔軟サインの

グランドクロスを作っています。

この状態は新月のホロスコープでも同じです。

グランドクロスは、良い結果になるにしても

悪い結果になるにしても派手なところがあります。

中でも柔軟サインのグランドクロスは、状況次第で

いくらでも変化してくので完全に出たとこ勝負です。

結果を考えると勝負ですが、そもそも勝負すらせずに

回避していきます。

ちなみにノード軸と金星、海王星のグランドクロス

なので人間関係や芸術的活動・認識を通して

様々なイマジネーションを得ます。

どのような内容のイマジネーションなのか

それをどのように扱うのかは、その人次第です。

何故、新月記事の前にリンク記事を書いたかと

言うと本来の自分自身の楽しみ、喜びと言ったものに

気付く大きなチャンスだからです。

このような機会は滅多にありません。

このようなトランジットの配置のどこかとネイタルの

ホロスコープの木星がコンジャンクションや

オポジションを作っていると更に過剰な拡大作用が

働いて隠していたことが露呈し易くなります。

思い当たる節がある人は、いつもやっているから

大丈夫みたいな考えは通用しません。

sponsored link

今回の天秤座の新月は、活動サインのTスクエアを

作っていますから、能動性の塊みたいなところがあります。

新月のホロスコープは、スタート地点であり種まきです。

柔軟サインのグランドクロスが作り出すイマジネーションは、

無数にありますが、その中から自分自身にとって最適な

ものを取り出すことが出来る主体性を持っています。

しかもTスクエアを作っている火星は逆行中です。

次いで言えば蠍座の水星も逆行中で、行動も知性も

内向き(イマジネーション向き)です。

蠍座の水星というだけでも探索。洞察モードですが

逆行しているのでしつこさが増します。

火星も同じです。

過去の体験を再確認するような部分があります。

この新月は、風の時代を豊かに生き抜くビジョンを

得る時です。

このような大きなビジョンは、必達しなくてはならない

目標とかと異なり、それに向かって歩むだけでも

人生が豊かに感じられるようになります。

新月のTスクエアは、第1・4・7ハウスで完成するので

かなり強力です。

新月は第1ハウスですから、生まれ持ったものが大きく

影響しますし、Tスクエア的にも生まれ持った資質を

否定してからの肯定という深い考察するので

古くて新しい自分自身と言うか、生まれ変わりのような

感覚、新たに誕生したような感覚が得られるはずです。

グランドクロスの一端であるドラゴンヘッドは、第9ハウス

なので、新月のホロスコープのバランスとして柔軟サインの

影響に恐ろしく流されるということはないと思います。

芯を持ったまま流されると言うか

意識を鮮明にした状態で様々なイマジネーションを見ながら

「これだっ」と思ったらそれを大切にして下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!