芸術的才能がお金になるタイプの人

sponsored link

芸術的才能があっても誰でもお金になるわけではありません。

今回の記事で取り上げる例は、個人事務所なりを構えて

最終的に自分自身で稼げるようになる人です。

しかし自分自身で何から何までやらなくても他人に

マネジメントしてもらう方法もありますから柔軟に

考えて良いと思います。

芸術的才能を自分自身でマネタイズ出来易いのは、

第2ハウスの支配星が第8ハウスにあるタイプの人です。

そして第2ハウスのサイン(星座)は、魚座です。

第2ハウスが魚座の場合は、アート関連で収入を得易い

傾向があります。

第2ハウスが魚座であれば、支配星である海王星が

どこにあっても何らかの形で収入を得られる可能性は

ありますが、海王星が第8ハウスにあると自分自身の

才能をアレンジして収入に結び付け易くなります。

第2ハウスが魚座で海王星が第10ハウスにあっても

収入になる可能性は高いですが、社会的な立場に

こだわるので堅いタイプの人になります。

独立よりも既存の地位を求めるでしょう。

海王星のアスペクト次第で稼ぎ方の内容が変わって

きますが、金星や火星とオポジションであれば

恋愛に関することを扱うと良いかも知れません。

簡単に言えばラブソングを作るミュージシャンみたいな

例があります。

海王星が土星とコンジャンクションだったりすると

自由に出来るアートが良いでしょう。

sponsored link

稼ぐと言う行為は、自分自身の才能と社会の関わりですから

アセンダントとMCのチェックも大切です。

アセンダントが水瓶座でMCが蠍座であれば、前衛芸術や

音楽であればロックミュージシャンのような社会に対して

迎合しない姿勢で創作した方が大きな収入になり易いでしょう。

これらは全て太陽や月を活かすことが前提条件です。

そして現実の働き方は、第6ハウスを参照して下さい。

もし第6ハウスに天王星があれば独立一択でしょう。

そして第6ハウスの支配星が第4ハウスとかであれば

内向きな環境を好むでしょう。

それは一人や限られたメンバーで取り組むと良いことを

意味しています。

どのようなスタイルで働くのか理解することも

才能をお金に変えるためには重要です。

第8ハウスのサイン(星座)が示す性質もとても重要になります。

自分らしい創作の個性を考える時にリリスのあるハウスも

参考になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!