鬱と第8ハウス魚座

sponsored link

第8ハウスの支配星が第4ハウスにある場合は、

鬱になり易い傾向があります。

第12ハウスや第6ハウスもなかなか心理的な安定を

得ることが難しくHSPっぽくなります。

最終的にはホロスコープ全体のバランスでは本格的に

葛藤を抱え込むでしょう。

それ以外のハウスであっても支配星が第4ハウスに

向かうと安全、安心に大なり小なり敏感になります。

話しを広げ過ぎてもまとまらなくなるので第8ハウスの

支配星が第4ハウスにある場合について例を上げます。

第8ハウスが魚座の場合です。

魚座の支配星は、海王星です。

そもそも第8ハウスが魚座の場合は、気持ちを安定させる

ことが難しくそれだけでも大変です。

ポジティブな面としては、対人関係の感受性が豊かです。

このような性質が第4ハウスの安全、安心のニーズと

結びつくこと自体が悪いわけではありませんが、何かの

拍子にこじれると不安定要因が感情のリズムの中に

織り込まれてしまいます。

これは、第8ハウスの天体の有無よりも第4ハウスに

天体や感受点がある方が感情を安定させることが

難しくなります。

第8ハウスの支配星が第4ハウスにある時点で第4ハウスに

海王星は必ずあります。

sponsored link

第4ハウスに海王星があると、少なくとも生育環境が

複雑だった可能性があります。

そうでなければ何らかの秘密があって独特の気持ちの

バランスの取り方を必要とした可能性があります。

安全を確保すべき身近な環境から影響を受け易く

その中にある不安定要因を拾い易くなります。

このような傾向が上手くいっている間は、繊細さとして

海王星の美しい部分であるファンタジー要素として

表面化します。

他に天体や感受点があれば、それを安定させるために

かなりの労力を必要とします。

第4ハウスに天体や感受点があること自体が悪いという

意味ではなく第4ハウスのもっとも重要視すべき

心の支えとなるべきものに多くのエネルギーを投じることが

生きるテーマであるとも言えます。

このようなタイプの人は、外向きに生きるよりも

まず自分自身の安全安心のニーズを満たせるテーマに

取り組み、その延長線上に他人のニーズを満たせる何かを

見つけていくようなやり方が良いでしょう。

他人のニーズを満たすために自分自身の情緒的安定を

犠牲にするとかなりの確率で鬱になります。

第8ハウスが魚座の場合(第8ハウスの支配星が第4ハウス)は、

必然的に第4ハウスに海王星がありますから経済面も

注意が必要です。

一見、ネガティブに思える性質であっても自分自身の性質は

必ず幸運に導くためにあるものですからホロスコープ全体を

見ることでポジティブな意味を発見して下さい。

一見、使い難い部分こそオリジナルな幸せに繋がる通路に

なっています。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!