第10ハウスに木星があっても社会運が悪いタイプの人の対策

sponsored link

第10ハウスに木星があると上司から引き立てられて

仕事運に恵まれる等して仕事運に恵まれるような

タイプの人です。

第10ハウスに限らずに

第1ハウスに木星があれば

割合、簡単に成功する機会に恵まれるラッキーさがあります。

第2ハウスに木星があれば

経済的に成功する典型的なタイプの人として語られます。

第3ハウスに木星があれば

豊かな知恵の持ち主(知的な面)として社会的評価が得られます。

第4ハウスに木星があれば

幸福な家庭生活が期待出来ます。

第5ハウスに木星があれば

個性を通して豊かになっていきます。

個人の個性ですから特別な才能なないと時間がかかりますが

かなり満足感の高い人生でしょう。

第6ハウスに木星があれば

組織内で評価され易いタイプの人です。

第7ハウスに木星があれば

人間関係やパートナーに恵まれます。

第8ハウスに木星があれば

対人関係の扱いが上手いタイプの人です。

第9ハウスに木星があれば

学術関係に向くと言われますが、そのような立場に身を

置かなくても頭の良い人として評価され易いタイプの人です。

第10ハウスに木星があれば

社会的な立場に恵まれます。

第11ハウスに木星があれば

交友関係に恵まれます。

自分自身の実力以上に高い地位の人と交際出来ます。

第12ハウスに木星があれば

何故か困っても助けられます。

見えないセーフティーネットを持っているタイプの人です。

sponsored link

ざっと箇条書きにしましたが、第10ハウスに木星が

あるとそのハウスにある良い面が過剰になります。

言わば上げ底状態です。

ですから第10ハウスに木星がある場合は、その点を意識して

上げ底部分を意識的に自分自身の努力で埋めていくと本当の

幸運として育っていきます。

これを怠ると運が途絶える時がやって来るので逆に注意点です。

第10ハウスに限らず木星のあるハウスの良さをチャラに

されてしまう作用はありますが、第10ハウスにある木星は

社会的な地位として恵まれた状態から落ちていきますから

衝撃度合いが大きいのです。

「第10ハウスに木星があっても社会運が悪いタイプの人」の

答えですが、第6ハウスにドラゴテイルがあるタイプの人です。

自分自身の価値を信じ難いのでどうしても他人に利用される

傾向があります。

これを悪意のある他人が意図的にこのタイプの人を利用しようと

すると本当に身の破滅のような状態に陥ることがあります。

損するくらいであれば良かったと思いましょう。

このような状態を回避して幸運になるには、意識的(能動的)に

奉仕活動に取り組むことです。

奉仕対象の意義をきちんと理解して冷静に積極的、しかし

のめり込むことなく計画性を持って奉仕することで

本当に見えてくるものは、第6ハウスとセットになっている

第12ハウスにあるドラゴンヘッドの長所です。

一般的な言葉で表現すると宗教やスピリチュアルな面での利点を

享受出来るという言い方になりますが、個人のハウスにある内容は

もっとリアリティーにあるものです。

第12ハウスのリアリティーですから一般的な固有名詞ではなく

その人の造語で表現されるようなものです。

それは間違いなく深い満足感をもたらしてくれます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!