自分自身にあった集中力の見つけ方(水星とベスタ)

sponsored link

具体的な幸せに水星がとても重要であることを、時折

書いていますが、それの少し突っ込んだお話です。

水星は、知性を表します。

知性の性質や働きに沿って物事を理解したり認識しますから

それ以外は見えないという問題を誰もが抱えています。

このような盲点は、あくまで良い意味でですが問題ではなく

知る必要のないことは知らなくてよいという意味です。

自分自身の本質に関係ないことに気を向けられるほど

人生は長くありません。

本来の自分自身に沿ったことを中心にして関心を持って

いかないとあっという間に人生は終わります。

ある程度人間らしくあるための基本的な時間を除けば

クリエイティブなことに回せる時間が一日の中に

どれくらいあるでしょうか?

一部の天才の方々は、他人のフォローを利用して

クリエイティブな時間を多く確保しますが、それは金銭が

介在しているからであって、本来は自分自身のことは

基本的に自分でしなければなりません。

どうしたらより自分自身の知性を働かすことが出来るか

ということをホロスコープを通して考える時に、水星の

サイン(星座)やハウス、アスペクトに加えて小惑星の

ベスタとのアスペクトを詳細に検討しみて下さい。

自分自身にあった知性の絞り方(集中の仕方、集中力を

発揮出来る方向性や姿勢)が理解出来ます。

このような部分が理解されて体験的に扱い慣れていると

ほんの短時間で一気に自分自身が取り組みたいクリエイ

ティブなテーマに入っていけます。

sponsored link

例えば水星とベスタがコンジャンクションの場合は、

自分自身が何を伝えたいのかを意識して学習や仕事に

取り組むと集中力が増します。

もちろん本来の自分自身が扱うべきテーマであればあるほど

その効果は増しますし、逆にそうでないテーマに関して言えば

このタイプの人は、ほぼ完全に無関心になります。

この水星とベスタのコンジャンクションが射手座の場合は、

本来の自分自身と言ってもそれを更に理想化したようなものや

状態に憧れます。

それはある種、非日常的ですらありますし実際に辿り着ける

ものではありませんが、そこを目指すことが重要になります。

しかしほんの僅かな人ですが、第9ハウスの水星とベスタの

コンジャンクションを持っているタイプの人は、そのような

理想が叶います。

もちろん、心に思い描いたこととまるで違う日々を過ごす

期間もあります。

そのような日々の中で裏切りや失恋があったり自分自身が

誰かを傷付けることもあります。

そのようなことを大なり小なりプロセスの中で繰り返しながら

理想に取り組み始めた時に思っていたイメージよりも

はるかに成功します。

成功は、現実のものですから何となく思い描いていたような

抽象的なものとは違いますが、現実的な成功としては、はるかに

想像以上のはずです。

水星のアスペクトは、要素としては小さく他の天体や感受点と

関わることで働きが生まれますから必ずホロスコープ全体を通して

扱い方を検討して下さい。

アスペクトに関しては、以下の中から拾って下さい。

コンジャンクション(0度)

オポジション(180度)

クインデチレ(165度)

インコンジャンクト(150度)

バイキンタイル(144度)

セスキ―コードレート(135度)

トライン(120度)

トライデシル(108度)

スクエア(90度)

セクスタイル(60度)

クインタイル(72度)

セプタイル(約51度)

セミスクエア(45度)

ノビル(40度)

デシル(36度)

セミセクスタイル(30度)

クインデシル(30度)

ビギンタイル(18度)

名前不明(15度)

これらに該当しない場合は、ホロスコープを72分割して

その関係性を考えます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!