自傷行為とホロスコープの関係

sponsored link

自傷行為のホロスコープと言うものは、本質的には

ワクワク出来ない状態の裏返しですから、そのような

意味を持つ特定のホロスコープは無いと言えます。

自分自身も他者ですから、真理としては他の存在を

傷付ける行為のホロスコープになります。

他の存在を傷付けられない時に自分自身という他者に

怒りが向かいます。

そう言った意味で怒りを発し易いアスペクトというものは

いくつかあります。

異常な精神状態を判断するポイントは、損得感情が

働いているかどうかです。

言い方を変えれば、何を得になると感じるかで

その人の本当の性質が理解出来ます。

その本当の性質が少数派であれば社会的には異常と

判定されるでしょう。

しかしそのような場合であっても天才の一種である

可能性もあります。

そのような性質を認めるモデルが周囲になければ

そのようなタイプの人は、自分自身の性質を扱う

方法がなかなか分からずに自分という他者に得を

させることがなかなか出来ません。

そのせいでいつも損していると感じるでしょう。

何のリアリティーも感じられない他者が24時間

べったりと自分自身に張り付いている違和感からくる

苛立ちから自傷行為に及ぶこともあるでしょう。

sponsored link

様々な理由でリアリティーが欠如してしまい

自傷行為を通して、その痛みによって、流れ出す

赤い温もりによってリアリティーを得る場合も

あるでしょう。

どのような理由であれその性質がワクワク出来る状態に

復帰出来れば自分という他者を手放せます。

それは治癒でも癒しでもなく本来の自分自身に

戻るプロセスです。

ホロスコープ内のあらゆる天体や感受点の配置は、

自分自身を得させる(喜ばせる)ためにあります。

それ以外の何ものでもありません。

性質でイメージし難い場合は、機能と置き換えても

良いと思います。

自分自身にとって役立つように使うのが正解です。

少し前の記事でカルミネートされている天体について

書きましたが、MCにキロンが近い場合は、映画監督として

自分自身にそのような役(傷付けられる役)を与える

場合もあります。

どんな天体や感受点がどんな配置にあってもそれを

楽しめるものにすることが生きることとも言えます。

不思議な話ですが、それを徹底的に頑張るとけっこう

褒められます。

このような前提を通して誤解を恐れずに言えば、

自傷行為は、ワクワクする行為の変形です。

もっとダイレクトにわくわくしましょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!