努力と必要な愛を得ることの関係

sponsored link

太陽星座を通して必要な愛に出会うということ

という記事の中で整えることについて触れましたが、

整えている対象は、本来の自分自身です。

人によってそれは、魂と呼ぶかも知れないものです。

ホロスコープの持つ様々な象意は、とても多層的で

仮に同じサイン(星座)やハウスの条件、アスペクトを

持っていたとしてもどの部分をすくい上げていくかは

人(魂)によってまったく異なります。

では何故、ホロスコープが適切な愛を得るのに役立つか

と言うと決まり切った正解がそこにあるからではなく

自分自身にどのような要素があるかを知ることで

それを意識して有効に働かせるためです。

知らなければ意識することが出来ないので自分自身を

知るためにホロスコープを用いるだけです。

それだけと思われるかも知れませんが、意識出来れば

その部分は動き出します。

意識しなければ偶然目覚めることもあるかも知れませんが

機会がなければ良い資質や運勢でも眠ったままです。

行動する人が成長していけるのは自分自身の様々な資質を

意識出来る機会が多いからです。

料理で深く自分を知ることが出来る人は、料理でも良いですし

ビジネスでも芸術でもスポーツでもお笑いでも何でも良いのです。

ホロスコープは宝の地図みたいなものですから、実際に掘って

深く知るには自分自身の資質を知って適正に沿って上手く活かす

必要があります。

この何かを掘ることと自分自身にとって必要な愛を知ることは

繋がってはいます。

sponsored link

その繋がりは重要ですが、別問題です。

ですから本来の自分自身に触れて幸せに過ごすことと

努力は本質的に関係ありません。

努力はあくまでも努力です。

愛は感じるためにあります。

愛は見えないものですが、必要な愛は意識することで

動き出すものです。

自分自身を良く知ることで自分自身を支えている愛について

気が付けるようになります。

第4ハウスで結婚相手の是非を判断する方法(眞子様)

という記事を書きましたが、第4ハウスは、愛によって

12番目のハウスであって、それ以外の1番目から

11番目のハウスがあります。

自分自身が成長の途上で何かの要素を強く必要とする時に

ある異性の特定の要素だけに注目して恋心が燃え上がるのは

ありがちなことです。

同じ人であっても年齢が異なれば愛する人、結婚相手として

期待する内容は、かなり変わってきます。

もちろん変わらない部分もあるでしょう。

ホロスコープ全部を抑える必要はありませんが、いくつか重要な

ポイントがあります。

そしてそれぞれに異なる重要なポイントもあります。

その辺りを意識することで愛は実り易くなります。

大まかで良いので大切なポイントを抑えていかないとその時の

トピック的な愛が全てと感じてしまいます。

誰のホロスコープにも難しい部分があるものです。

この難しい部分は、恋愛ではなく自分自身のライフワーク

みたいな意識の持ち方をすると自分自身に必要な愛の

良い側面を得られる傾向があります。

難しい部分とは、安易に扱うとネガティブな現象が起こります。

探求心を持って取り組むと生涯自分自身を成長させてくれます。

この部分をきちんと自分で担う姿勢が持てると何故か

自分自身にとって必要な愛を得られるのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!