死の選択と土星の関係(傷付かない真の自分)

sponsored link

若い人であっても人生の節目や落ち込んだりした時は、

土星のサイン(星座)に取り組むことがお勧めです。

占星術的な視点というものもありますが、子供時代であれば

親の節目に巻き込まれたりすることもあります。

時代の影響を受けることもあります。

ですから難しく考えずに自分自身にとって変わり目だと

感じる時は、土星のサイン(星座)に取り組むと人生は

思いがけず動いていきます。

単に土星のサイン(星座)だけではなくサビアン度数の内容を

確認したり土星のアスペクトやハウスを考慮して下さい。

土星のサイン(星座)は、年齢域では、55歳から70歳ですが

小さな変わり目であってもコツコツと土星のサイン(星座)に

取り組み続けることで本当の自分自身になっていきます。

月星座や太陽星座が土星星座と違和感が少ない場合は

良いのですが、それでも土星星座の価値は若ければ

若いほど頻繁に触れるものではありません。

しかし一日、一週間、一ヶ月、出会い、失恋や結婚等々

様々な変わり目で必ず顔を出すのが土星星座です。

一度触れる機会があれば、それを一過性のものとせずに

手放さないでいると必ず良いことがあります。

sponsored link

月や太陽の組み合わせは、個人天体であって自分自身の

キャラクターを考えるときに意味があるように思えますが、

土星は、世代的な要素が強く土星だけを見れば同年代の人は、

かなり似たものになります。

しかしその内容をどのように自分自身の個性で担うかで

いくらでも個人的な内容になっていきます。

言わば土星は、見えない身体みたいなものです。

型とも言えます。

実際の自分自身ではないけれども、節目節目にその型の中に

エネルギーを流し込むことで自分だけの土星になっていきます。

それは占星術的には、土星の内容が具体化したものかも

知れませんが、それはある意味で本当の自分自身であり

生きている実感を与えてくれる姿です。

これは単純に土星のサイン(星座)が本当の自分自身という

意味ではなく無色透明の型に月や太陽を初めとする個人天体

(水星、金星、火星、木星)が流し込まれたものです。

流し込まれた量や質によって見えないものであった

自分自身の完成内容は変わります。

かなり劇的に成長していきます。

ある程度蓄積するまでは、この型の重要性は感じ難いものですが

このような自分自身が年齢相応に育っていかないと病気に

なったり極端な場合は、死を選択するようなことになります。

逆にしっかりと蓄積されていると強い力となって働きます。

それはピンチに強いとか限定されたものではなく生きる喜びです。

その人だけにしか感じられない物語の主人公みたいな存在です。

これこそがその人を本当に支え自立させてくれます。

それでいてこのキャラクターは、多く人と繋がる力を持ちます。

そして何よりも誰にも奪われない真の自己として尊い存在です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!