進路や就職、転職に悩んだ時の簡単な考え方

sponsored link

太陽星座で自分自身のことを考えると本当の自分自身を

見落とすことがあります。

なぜなら太陽星座は、モチベーションをあげて取り組む

方向性であって実際の自分ではないのです。

太陽星座は、生まれ時間が分からなくてもサビアン度数は

1度くらいしかずれる可能性はありませんから、どちらかを

読めば割合簡単に実感出来ます。

この度数と180度反対のサイン(星座)の度数が実際の

自分自身です。

その内容を知ることでどのように自分自身の自我(エゴ)を

扱えば良いのか理解出来ます。

例えば普通に太陽星座を占った時に牡羊座1度である場合は、

そのような姿勢であるようにモチベーションを上げている時は

牡羊座1度がその人の価値観になりますが、何となく気合いが

入らない時やのんびりしている時は、180度反対の

天秤座1度が価値観になります。

太陽星座を簡単に言えば頑張る時のサイン(星座)ですから

前向きな占い方とは言えませんが、力まない時の自分自身の

価値観を知っておくと、そこから普通に誕生日から占う

太陽星座との価値観に向かってどれだけ力を入れていくか

その日に合わせてコントロールが出来ます。

忙しい日もあれば暇な日もあります。

積極的になりたくない状況もあるでしょう。

しかしその時に本当に受け身になると状況に流されてしまい

場合によっては直接的な不利益を受けます。

そうでなくてもその時間が無駄になりますし、そもそも何も

得られないという状況はありません。

sponsored link

このような時に実際の価値観を知っていると、力を入れない

実際の自分自身に対するメリットを探すことが出来ます。

そして何よりも実際の価値観とモチベーション全開で

頑張る本気の自分自身との間にいる無数の立ち位置を

選択することが出来ます。

モチベーションを上げない実際の自分自身の価値観で

押し通してしまうのか、やる気を思い切り出すのか

という二者択一ではなく、両方を意識してコントロール

出来れば、実際の自分自身という疲れない状態とやる気という

自分自身のエゴをどれくらい反映させるのか両方の価値観から

良い面を取り入れることが出来ます。

これは太陽星座の価値観の良い部分が叶えられないから

今は駄目だとか、自分自身の未来は閉ざされているとか

考えるのではなく少しずつポジティブな太陽星座の価値が

伸ばせる状態を作っていくことに気付けますし、やる気が

満ちている場合は、それに適った環境に移動することも

容易に決断出来ます。

進路や転職等で悩み過ぎて決断出来ない人は、実際の自分自身と

モチベーションが全開した時の二者択一で困っている

傾向があります。

両方の価値観をしっかりと見比べてながら現実の自分自身の

状態と照らし合わせて考えると案外次の一歩は決められるものです。

この幅は、このまま単純に置き換えるわけではありませんが、

女性のパートナーに対する理想の持ち方にも通じる部分があります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!