ネイタルの土星とトランジットの冥王星のハードアスペクトの運勢対策

ネイタルの土星とトランジットの冥王星のスクエア、

オポジション、コンジャンクションに付いて書いています。

土星は、自分自身を最終的に支える背骨のような天体に

なりますから、ここにトランジットの天王星、海王星、

冥王星のハードアスペクトが関わって来ると、この背骨が

曲がったり折れたりします。

かなり重大な運勢の危機です。

このブログでは、土星の重要性について比較的多目に

言及してきたと思うのですが、一言で言えば理想という

太陽の生き方を放棄しても生きていけますが、土星無しで

生きていくことは不可能です。

そのような土星が冥王星に歪められる場合です。

ただ必要以上にこの運勢を恐れる必要はありません。

かなり特殊な方法ですが、現実的に恐ろしくプレッシャーを

かけられても影響を回避することも出来ます。

そのような方法は、第12ハウスを利用する方法として

婉曲的にけっこう書いています。

第12ハウス的手段は、当事者以外の立場から見たら

悪に見えますから誰もが見られるブログでは書けません。

一般的なネイタルの土星とトランジットの冥王星のスクエア、

オポジション、コンジャンクションの対処方法としては、

1、やり過ぎない。

2、忍耐する。

3、自分自身を深める。

という3本柱になります。

何故、一言ずつで書いたかと言うと、先にこの運勢を

必要以上に恐れる必要がないと書いたように要は、

1、2、3をどのように扱うかがポイントだからです。

ダイレクションではなくトランジットですから、現実に

大きなプレッシャーをかけられます。

しかし直撃しない方法を選択したりプレッシャーを

かけてくる対象をコントロールすることも出来ないことでは

ないのです。

正常と異常を巡る得するホロスコープの使い方

という記事に書いたように現実的な損得で判断しながら

自分自身の土星的本質を深めていくチャンスだからです。

1、プレッシャーをかけてくる具体的な内容(対象)に対しては、

徹底的に損得で対応します。

ここに精神論みたいなものを持ち込むとほとんど失敗します。

2、「1」をしながら自分自身を支える本質は何なのか

その精神とそれを具体的に行動に移すものは何か見定めて

行動します。

この行動とはプレッシャーをかけてくる相手と遊ぶことではなく

あくまでも自分自身の本質をそれまでよりも成長させる行動です。

これを実行する時にプレッシャーをかけられている状態だから

実行出来ないと考える人は、この運勢に負けます。

なぜなら実行することでプレッシャーをかけてくる相手の影響は

弱くなるからです。

もっと言えばそもそもがそのプレッシャーの本質は迷いです。

トランジットですから現実に凄い圧力をかけられますから

無いわけではないのですが、これを千切って前に進む行動が

本来の自分自身(本質)に自分自身を移動させます。

その結果その影響も次第に力を失い、尚且つ自分自身も

成長していきます。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!