遠距離恋愛とホロスコープ

遠距離恋愛が上手くいくいかない理由には様々な要素が

ありますが、細かいことを気にしたりホロスコープを

調べる前に絶対に知っていて欲しいことは、信頼関係が

あるかどうかということです。

どのようなクオリティーの信頼関係なのかという点です。

もちろん本当に相性が良くていきなり意気投合することで

信頼関係が一気に高まる場合もありますが、結婚して

上手くいくかどうかは別問題です。

遠距離恋愛に入る前にどのような信頼関係が二人の間に

あるのか冷静に考えるとその先は何となく想像がつくかも

知れません。

言い方を変えれば遠距離という状態で信頼関係を更に

良くしていくような取り組みが必要だと言うことです。

それは結婚後の同じです。

遠距離恋愛というシチュエーションだから上手くいく

タイプの人もいます。

そのような場合は、信頼関係がどうのこうのよりも

得意な恋愛パターンに取りあえずはまっているだけで

本当にそこから愛が深まるかどうかは別です。

愛し愛されるどちらの立場が好きかでも変わってきますが

金星星座と火星星座の関係性にギャップがあれば

自分自身でいたい時と愛し愛たい時がきっちりと

別れていた方が上手くいく人もいます。

金星や火星が入っているハウスにも依るでしょう。

簡単に言えば第12ハウスに金星若しくは火星があれば

愛される時だけいてくれれば上手くいくなら金星が

第12ハウスであり愛したい時だけ会うのなら火星が

第12ハウスでしょう。

これが結婚を意識した女性であれば太陽が第12ハウスの

場合もあります。

愛に対する持久力といった面であれば金星やと土星のアスペクトや

金星と冥王星のアスペクトがあれば簡単に諦めたりしないでしょう。

この諦めないという態度は遠距離恋愛に対するものだけでは

ありませんから注意が必要ですし、このような資質は受け身に

なると困難な交際相手を自分自身が引き寄せているとも言えます。

ですからそもそもの問題として相手(恋人)との間にどのような

信頼関係があるか冷静に判断することが大切です。

ストレートに言えば、自分自身の持っている信頼感と恋人の

信頼感の大きな隔たりがあるようならば見直しが必要です。

信頼関係を築き易いのは、やはり相性の良い相手です。

相性が悪ければ遠距離恋愛というコミュニケーションが難しい

状態の中ですれ違いが起き易く結果的に気持ちが離れていきます。

そのような時に相性の良い相手が現れれば他に好きな人が

出来てしまいます。

ある程度関係が長期化した後であれば浮気とかもあるでしょう。

ですから遠距離恋愛に向くタイプの人というのはホロスコープ的に

あっても(第8ハウスが風のサイン等いろいろ)遠距離恋愛が

上手くいくかどうかは信頼関係の築き方次第と言えます。

築く、つまり関係性をクリエイトしていく気があるならば

それぞれの個性にあった築き方があります。

会わなければ駄目な人は、何としても会うしかありません。

そもそも遠距離恋愛向きな人は、そのシチュエーションで

良いでしょうが相手もそれで良い人でないと困ります。

しかし程度によっては一人でも良いのでは?という根本的な

問題に気付く場合もあります。

これの究極が仲良し同士で気兼ねせずに共同生活が出来れば

OKという未来図を描きます。

最終的にずっと一緒に暮らしていくことが目的の交際であれば

お互いの個性を良く理解してどうすれば信頼関係が増していくのか

という部分に焦点を当てて下さい。

そうすれば上手くいくべきものは必ず上手くいきます。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!