誕生日から読むその年の新しいスタート地点

私たちは、暦の上で生まれた時と同じ日を誕生日と

していますが厳密に言えば、その時に運行している太陽が

生まれた時の太陽の位置に戻って来た時が誕生日になります。

運勢を考える時は、トランジットとプログレスが基本的な

方法になりますが、簡単に次の年齢はどんな感じになるか

考えたい場合は、ソーラーリターンのホロスコープを

出してみると良いかも知れません。

トランジットは、全員共通ですから1月1日が、その年の

出発点になりますが、個人的には生まれた時のホロスコープが

スタート地点になります。

先にトランジットやプログレスが運勢を考える基本みたいな

書き方をしましたが、自分の人生の流れを中心に考えるならば

各天体や感受点のサインやそれらがどのハウスにあるかとか、

アスペクトも含めて考えてみると、かなり上手くまとまっている

感じがすると思います。

もう少しで今年も終わりますが、実は自分自身の新年は

元旦とかではなくて次の誕生日だと考えて人生設計を

してみると本当にリズムが感じられるかも知れません。

出来れば、ソーラーリターンのホロスコープで

読み取っていることを意識しながら現在の運勢を

考えたりすると今は、ここにエネルギーを注げば

もっと運勢が開くとか閃きが得られると思います。

占星術には、様々な技法があり、そのやり方も微妙に

人によって異なる部分もあります。

技法の違いを些末と言ってはいけませんが、自分自身の

主役は魂だと思えばピンと来る仮説を採用するくらいの

気持ちでホロスコープと付き合ってみても良いかも知れません。

自分自身の人生を厳密に検証することは不可能です。

しかしそれは悲観すべきことではありません。

こうしたらもっと素晴らしい体験が出来るだろうという

仮説を修正しながら実際に行動していければ十分です。

運勢を運命論的に考えるのではなく積み重ねの延長線上に

より良いイメージを描きながら前に進んでいければ

それで良いと思います。

論理的に考えれば運勢を客観的に考えることの矛盾に

直ぐに気付けます。

様々な技法によってホロスコープを通して最も良いと

思える仮説が立てられれば、後は実際に行動しながら

自分自身にとって価値のあるものに向かっていくだけです。

それで十分に幸せになれるというよりも、そのプロセスこそが

人生です。

ですから自分自身にとって必要なことをしっかりと体験しながら

年齢を重ねていくことが基本です。

もし、ソーラーリターンのホロスコープを作ってみて

太陽のサイン(星座)と同じサイン(星座)に木星が入って来たら

飛躍の年です。

このような解釈を前提にその他の運勢を見直してみると

素晴らしい仮説が出来るはずです。

意識を向けたところに全体は向かっていきます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!