これからどうしたら良いか考える方法(ノード軸)

今何かしら混乱したり、これからどうしたら良いか

分からない人は、自分自身のホロスコープのノード軸を

見直してみて下さい。

簡単に言えばノード軸の両端であるドラゴテイルには、

過去世、ドラゴンヘッドは、今世の取り組むべき課題

という意味合いがあります。

これらを別々に考えずにちゃんと繋げて考えると

本来目指すべき生き方みたいなものが見えてきます。

つまりドラゴテイルという前提があってドラゴンヘッドが

表す課題に向かっていくというストーリーです。

ノード軸は、必ずオポジションです。

オポジションは、前進する力が働くアスペクトです。

ドラゴテイルのサイン(星座)からドラゴンヘッドの

サイン(星座)に向かうという読み方と

ドラゴテイルのハウスからドラゴンヘッドのハウスに向かう

という読み方が出来ます。

ノード軸と天体や感受点が作り出すアスペクトまで読むと

かなり考えることが多くなるのでサイン(星座)の組み合わせと

ハウスの組み合わせだけで良いと思います。

オポジションにサイン(星座)は、そのままでは否定しあいますが、

そこを乗り越えると弱点をフォローし合って強くなります。

ドラゴテイルのハウスが第12ハウスであれば、自分自身が

過小評価している資質が実はかなり大きな能力を持っていて

仕事(第6ハウス)を通して活かすことが使命や課題と言えます。

このような感じでサイン(星座)とハウスでざっくりですが

イメージはつかみ易く、これからどうすれば良いのか

イメージし易いと思います。

冒頭でこれからどうしたら良いか分からない場合と

書きましたが実はそんな人は、いません。

何らかの理由でただありのままに想像することが怖いだけで

やりたいことに気付かないようにしているだけです。

やりたいことをすることで面倒な状況になることを

避けようとしているだけです。

しかしこれは、海王星の間違った使い方です。

海王星を間違った使い方をすると絶対に満足度合は、減ります。

何となく湧いてくるイマジネーションが自分自身にとって

良い具合の時に素直に受け入れないと心地良い豊かさは

消え去りどこか薄気味悪いものになります。

イマジネーションは、美しい上澄みだけで十分です。

かき混ぜるとろくなことはありません。

出来るだけそのままのイマジネーションにアプローチすることが

コツです。

海王星を敵に回すと冥王星よりも厄介なところがあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!