最近、不安を感じる人へ

明日の射手座の新月のサイクルですべきこと

という新月記事を書きましたが、今回の新月は、

このままグレートコンジャンクションに繋がっていって

風の時代に入る重要なサイクルです。

そう言った意味で、出来るだけ新月は毎日何かしら

取り上げたいと思っています。

この1年いろいろと起こりましたが、いよいよ大詰めです。

今さら特別な努力をするとかではなく意識の配置を

これからに適したものに整えていくだけです。

この記事で書きたいことは、とてもシンプルです。

日食の新月ですから、個人に向かえば目的意識や主体への

不安、外に向かえば社会に対する不安を感じ易くなります。

コロナウイルスに対する漠然とした不安もあれば

その影響で業績を下方修正しなければならない業種、業界、

職種、会社に勤めている不安もあるでしょう。

今回のサイクルでこのようなことに関する不安が

高まるのは当然ということです。

しばらくはこんな感じでいきます。

日食は、太陽と月と地球が一直線に並ぶことによって

太陽が月で隠れて見える現象です。

日食は、日蝕とも書きます。

太陽が食われたり、蝕まれたり穏やかな表現ではありません。

太陽は、ホロスコープをまとめる中心であり、全ての天体や

感受点は、太陽にぶらさがっているとも言える存在です。

それが月という気持ちで蝕まれているわけですから

目標や理想みたいなものが」見え難くなるのは当然です。

見え難い時は、無理に見ようとせずに足元をしっかりと

確認しながらゆっくりと進むだけです。

怖いと感じている時に加速すると事故やトラブルの元です。

急いで何かを達成しても大切なものを失えば意味が

ありませんし、どんなに急いでも人生は生きている限り

どこまでも続くものです。

ゆっくりとしか進めない時は、ゆっくりと取り組んだ方が

早く確実に未来を引き寄せているものです。

必ずしも一つの時間軸だけで物事が動いているとは

限らないのです。

頑張っているつもりが破壊している時もあります。

愛しているつもりが奪っている時もあります。

そのような間違いは、ゆっくりとするべき時に

焦って何かもするからです。

例えば霧で前が見えないところでアクセルを全開する人は、

どうなるでしょうか?

そういうことです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!