愛されることと金星星座

恋人やパートナーとの愛し愛される実感には、

男女問わず金星星座のニーズがあります。

金星星座のニーズが満たされなければ愛されている

実感は持ち難いでしょう。

もちろん火星優位のホロスコープで愛することに

ウエイトを置くタイプの人もいますから、愛されることが

何が何でも大切というわけではありません。

しかし月が弱いタイプの人は、愛するよりも愛された方が

何かと上手くいく傾向があります。

太陽や月、土星と言った軸になる天体との関係性から

金星や火星といった部分を評価したり、実際に愛を

手に入れようとするので金星や火星と言った愛し愛される

関係の扱い方を素直に出来たり、難しいことに

感じたりします。

全体から考えると、そのような前提で愛されるということを

考える必要がありますが、先ずは、自分自身がどんな愛され方を

求めているかを知るために金星のサイン(星座)を知ることを

お勧めします。

これは様々な個人的な事情で損なわれていない愛され方の

好みになります。

そして意外に思われるかも知れませんが、男女ともこのニーズは

けっこう深いものがあります。

結婚相手に関して案外男性パートナーの方が、この女性は

本当に優しいだろうか?という視点で判断している時は

金星星座です。

そしていろいろなことが起こる結婚生活の中で乗り越えていく

意思のある選択をする女性は、この男性パートナーを

愛せるかどうかという火星星座のウエイトが少し多目な

感じがあります。

月の力が弱かったり成熟度合が低い時に愛することに

ウエイトを置くとエンプティ状態になりますから

金星星座のニーズを外に求めるようになります。

これは、太陽的価値である仕事や公の場で傷ついた時や

上手くいかなかった時も金星星座の要素を求めたくなりますから

様々な意味で金星星座のニーズを満たせるかどうかは

重要になります。

ただし金星星座の働きは、根本を解決はしませんから

月を整え、太陽を働かせ、土星をこつこつと鍛えていく

真っ直ぐな取り組みがその時々に必要な水準を満たして

こそです。

その上で更に金星星座のサビアン度数やハウス、アスペクトを

考えることをお勧めします。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!