金星蠍座で月牡羊座の人の愛される姿

金星のアスペクトで考える恋愛物語という記事に

月と金星のアスペクトについてサラッと書いていますが、

月と金星の関係は愛されるためのセットです。

アスペクトの有無だけではなく月と金星の関係を

活かすことは、とても大切です。

アスペクトは、細かいものまでいれると

0、15、18、20、24、30、36、40、45、51、

60、72、90、108、120、135、144、150、

180(度)を考えることが出来ます。

これらのアスペクトに該当しなくても、360度を72分割して

考えることも出来ます。

これら全てのアスペクトは、書けないので月の12サイン(星座)の

組み合わせに付いて書いています。

金星蠍座で月星座が牡羊座の場合

月星座は、自分自身の幸せを満たすための要素を表していますし、

牡羊座の月は、飾らない情熱のままに自分自身を主張します。

どこまでも自分は自分という感覚が消えません。

だからこそ元気ですし純粋な発想が可能になります。

このような譲れない部分と他者や他の存在と混じり合うように

結び付いてこそ楽しさや愛されている感覚を得られる蠍座の

金星の折り合いをつけることは、大変です。

自分自身に慣れるのに、けっこうな試行錯誤があるはずです。

牡羊座と蠍座のサイン(星座)的な組み合わせは、

インコンジャクトになりますから、そもそも自分なりに

折り合いを付けないことには、月星座である牡羊座を

大切にし過ぎても金星星座である蠍座を優先し過ぎても

傷ついてしまいます。

簡単に言えばプライベートに重点を置き過ぎても社交的な面に

力を入れ過ぎても上手くいかないということです。

どれくらい割合で月星座又は金星星座を大切にすれば

一番満足感が得られるのかは、その時々で異なります。

インコンジャクトの影響を受けるということは

常に気持ちは、揺れ動くと考えるべきです。

揺れ方次第では、傷付く経験をすることもあるかも知れません。

本当の自分自身は、絶対に変えたくないのに深く繋がれる相手を

見つけることは、なかなか大変です。

しかし金星期の16歳から25歳くらいの特に愛されたい

気持ちが強い頃は、本当の自分自身を持て余すかも知れません。

月星座が牡羊座の場合は、自分自身そのものを変える努力は、

上手くいきません。

月牡羊座の純粋な部分と金星蠍座の対象を突き抜けるくらい

好きな人や物と繋がりたいという気持ちを真っ直ぐな情熱

として表現出来る形を磨いていくことがお勧めです。

可能な限り一人の人、一つのことに絞るという考えもありますが、

愛されようとしている自分自身の姿を見ている太陽という自我の

存在がありますから、自分自身の愛を狭くするのではなく

(狭くすると恋愛で振り回されます)愛されるスタイルを

磨いていくという視点が大切です。

男女問わず金星は、愛され方の好みといった側面があります。

月星座の資質を捻じ曲げると不幸になりますから、折り合いの付く

愛され方の形を磨いてそれを着こなすイメージが良いと思います。

金星的なものは、着替えることや仕立て直すことが出来るものです。

その上で金星蠍座で月牡羊座の組み合わせの人のポイントは、

真っ直ぐな情熱です。

しかし絶対に真っ直ぐな情熱で自分自身を縛らないで下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!