三浦春馬さんが共演者を気遣える理由(セレス蟹座)

三浦春馬さんが求めていた愛という記事を書きましたが、

三浦春馬さんの愛について小惑星 セレスも見逃せません。

三浦春馬さんのセレスは、蟹座です。

セレス蟹座は、愛に対する感受性の繊細さを表します。

三浦春馬さんの太陽は、牡羊座で月星座は、獅子座ですから

三浦春馬さんの持つ柔和な部分や幾多の優しいエピソードよりも

もっと奔放な火のサイン(星座)中心のキャラクターが表れても

良いのですが、このセレスは、タイトに牡牛座の水星と

セクスタイルになることで愛を感じられるかどうか

と言ったようなコミュニケーションを心がける部分を

作り出しています。

もっと俺が、俺がという部分が普段から出ても良いのですが、

三浦春馬さんのホロスコープは、このセレス蟹座だけでなく

あちこちに愛に敏感になる要素があります。

三浦春馬さんにとって蟹座のセレスは、意識し辛い第12ハウスに

ありますが、愛されている実感を求めるかのように第10ハウスの

水星と協力して社会的な立場を通して愛を確かめています。

三浦春馬さんは、第6・7・8ハウスの支配星が第6ハウスに

ありますから仕事は、とても重要な役割を果たします。

愛を実感を得るために仕事をしていた部分がとても大きいのです。

子役からキャリアがスタートしていますから当然理解出来る

部分ですがそれが三浦春馬さんのキャラクターとしっかりと

結び付いています。

このようなタイプの人は、仕事を否定されるようなことは

あり得ません。

愛を否定されることと同じです。

三浦春馬さんの仕事との向き合い方は、愛に向き合っている

とも言えます。

幼少の頃であればその先に、その背後に母親の愛やまなざしを

探しますし大人になれば更に相応しい愛を意識するでしょう。

三浦春馬さんの仕事に対するスタンスは、夢や独立と言った

視点だけではなく、愛情を感じるために大切な世界でした。

亡くなる直前まで共演者に気遣うのは、自然なことだったのです。

三浦春馬さんにとって仕事を否定されることは、即物的に

扱うことは、愛に対する冒涜と同じです。

自分自身が感じたことを表現することで少しずつ心を

受け入れていきます。

三浦春馬さんの蟹座のセレスは、水星とのセクスタイルの他に

木星とのコンジャンクションもありますから、結婚していたら

案外子だくさんになっていたかも知れません。

セレス蟹座を持つタイプの人は、基本的に子供好きで子供が

多くなる傾向があります。

第12ハウスの木星ですが、コンジャンクションしますから

一人っ子で育てることはなかったと思います。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!