月星座が乙女座の人の幸運術

sponsored link

月星座が乙女座の人は、いつも何かに誰かに

守ってもらう必要があります。

そんなことは、ないと思われるかも知れませんが、

神経の細さは、12星座で一番です。

もちろん細さは、繊細さに通じるのですが、それを

差し引いても細い部分があります。

これを無理に強くしようとしても自分自身を傷つける

だけですから止めるべきです。

我慢も駄目です。

小さなダメージが蓄積して、ある一線を超えた時に

ストレスに伴う感情が一気に噴き出してパニック状態に

なってしまいます。

月星座が乙女座の人は、常に守りの視点を持つべきです。

そして受けたショックやダメージを放置せずに先ず

払い落すのが先です。

月星座が乙女座と言ってもハウスやアスペクトで

ダメージに対する耐性にかなり差がありますが、

受けた衝撃をすぐにケアすべきなのは同じです。

そうは言っても何かしら負のインパクトを受ける度に

立ち止まることは出来ませんから、一時的に立ち直る

手段や軽くケアする方法を何通りか用意しておくことを

お勧めします。

そして時間と心理的余裕がある時に丁寧にダメージを

取り除く作業を行うと間違いがありません。

sponsored link

このような書き方をすると月星座が乙女座だと後ろ向きな

作業にかなり時間やエネルギーを割かないといけないように

思われるかも知れませんが、防御、守護、ケアと言った

ひたすらに整えるキーワードを具体化する言動自体が

伸びていくことで仕事になったり、健康管理が上手くいったり

様々な楽しみも手にしたり味わうことが出来ます。

これは結果的にそうなるということではなく自分自身を

守る行動自体が幸せに繋がっているということです。

月星座が乙女座の場合の安全安心は、月星座が蟹座の

場合のように努力して具体的な仲間や社会的な立場を

手にすることではなく、あくまでも心理状態の改善です。

簡単に言えば癒しです。

その癒し方が乙女座的なのです。

いくつもの壁を複雑に築くことで簡単に全てを突破される

ことがない心理的システムのようになっているということです。

言い方を変えればここまでは、壊れても大丈夫だから

今回は、結果を手に入れようという計算も成り立ちます。

この計算の価値観は、土星的価値観ですから、土星星座に

よってどこまでダメージを許容範囲とするかは、かなり

変わるはずです。

計算の主体は、太陽星座のキャラクターになります。

月星座が乙女座の人の最終手段は、奉仕です。

誰にも知られないようにコツコツやってみて下さい。

意識で把握出来ない深い部分に心理的防御壁が形成されます。

月星座は、最終的な幸運の受け皿ですから、どのような

月星座であっても壊れないように扱う必要があるのは同じです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!