報われる告白

幸せを感じ続けるには、自分自身の強み

を知っていると良いかも知れません。

それは、他人を圧倒するためではなく、

チャンスが来た時に全力を尽くすためで

す。

一生懸命頑張っているのになかなか幸せ

を感じられないタイプの人は、様々な曲

面で力を入れ過ぎかも知れません。

幸せにも沢山の種類があります。

愛し愛されることに関して言えば、最低

でも金星と月を調和した形で繋げる必要

があります。

愛された実感が不足した感じ方のままで

一生懸命頑張ると、あれもこれもと張り

切り過ぎて疲れ果ててしまいます。

負のスパイラルです。

愛が実感出来る形は、自分自身で作るこ

とが出来ます。

これがある程度育ってこないと結果的に

愛を求めても仕方がない相手にしがみつ

きます。

信じられない人もいるかも知れませんが

愛の正解は自分自身の中にあります。

誰かが自分自身の正解を知っていたり、

どこかに答えがあるわけでもありませ

ん。

スマホで、ポチポチ書いているので載せ

ませんが、かなり沢山のアスペクトがあ

ります。

どんな天体や感受点とも何らかの関係性

がありますが煩雑になるので限られたア

スペクトだけを読んでいるだけです。

見えなくても金星と水星の関わりもちゃ

んと働いています。

金星が表す好みは、個人レベルでのコミ

ニュケーションの真の土台です。

好き嫌いが曖昧であれば生きるモチベー

ションもぼんやりとしてしまいます。

告白は、好きを伝えることです。

言葉でなくても表現されることが大切で

す。

金星と水星の組み合わせを利用する時に

注意すべき点があります。

ネイタルのホロスコープ(生まれた時)

で出来るホロスコープには、限りがあり

ます。

トランジットの影響を利用しないと

いけません。

つまり好きを扱うコミニュケーション

は、タイミングによって命が吹き込まれ

るものが多いということです。

金星星座の好みが伸びていくには、自分

の意思以外の要素が沢山働いていますか

ら、それらを味方に付けるかどうかで

その後の展開は、かなり変わります。

水星は、技術と言うかテクニカルな部分

を担う面もあります。

愛は、何らかの形で表現されて初めて

新鮮な状態になります。

片想いは、ある種の執着みたいな面も

あると一つ前の記事で書きました。

思いがフレッシュなうちに活かしてあげ

るのも大切ですが、次の好きや他の好き

を足すことで新鮮さが戻ることもありま

す。

自分の意思以外の要素には、相性もあり

ます。

戸田恵梨香さんの場合の愛の成就は、

松坂桃李さんのインドア志向に合わせら

れたことでしょう。

そこには戸田恵梨香さんの愛仕方、愛さ

れ方の変化があると思います。

相性は、ある程度変えることが出来るの

は、金星は愛の入り口だからです。

恋愛に限らず働きかけると言う意味で

は、出口は、火星になります。

しかし生存という限られたことだけで

言えば金星や火星は、働かなくても問題

ありません。

ただしそのような人生は、モノトーンの

世界を生きるようなものです。

恋愛が報われるには、必然性を担う太陽

や月、土星、その他の重要な感受点を

どのように巻き込めるか次第になりま

す。

告白の段階からあまり考えずに付き合い

ながらお互いを知っていくと言えますが

重要な天体や感受点を経由しなければ

入り口から出口に向かっていくだけに

なります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!