悪い意識(悪霊)と金星の関係

sponsored link

一般的に太陽星座で運勢を占いますが、本当の

意味で太陽星座を使うことはとても難しい

部分があります。

もちろん、太陽はホロスコープの中心で働いていて

様々な天体や感受点がぶら下がっています。

そうは言っても常に太陽が全力で働くことは

並大抵のことではありません。

火星が一日中働けないのと似ています。

太陽の本来の役割は、クリエイティブな働きです。

そう言った意味では誰もがこの世に新しい価値を

加えることを期待されています。

新しい価値と言っても発明や特許、実用新案みたいな

特別なことではなく何かしら新しさをこの世に加えると

いった感じのものです。

このような働きを誰も発揮しなければ世の中は腐敗して

悪霊だらけになるでしょう。

悪い意識(悪霊)は、新しさを加えることが出来ませんから

傷つけたり奪ったりすることに夢中になります。

自分よりも強い相手を傷つけたり、そのような相手から

何かを奪うことは困難ですからずるい方法や弱者を

探します。

そのような悪い意識から身を守るためにも常に新鮮な

気で周囲を満たす必要があります。

sponsored link

太陽星座のクリエイティブな使い方は、生活の中で

かなり限定されますから、それ以外の時間は何の

天体を使っているかと言えば金星と月です。

月はプライベートな状態ですから、割合リラックスして

いる時は金星(星座)を使っています。

ですから太陽星座が何座という視点と同時に金星星座が

何座という視点があるとかなりホロスコープが使い易く

なります。

ネイタルのホロスコープの金星星座と太陽星座のセットは、

限られていますから、普段の自分自身の姿は、太陽と金星の

セットで考えるととても現実的になります。

太陽と金星の関係を表現する方法は色々ありますが、

リラックスしている時は金星星座の性格だけれども

本気になると太陽星座の性格と考えると大筋で大丈夫

かと思います。

運勢を見るときは、金星と太陽の両方を見るとか、

現在の運勢は、どっちを活かした方が得だとか、

好きな人が本気になると、実はこんな感じとか、様々な

想像を働かせることが出来ます。

仕事の時は、こんな感じだけれども普段は、こんな

キャラクターなんだとか、そもそも人格を切り分けることは

おかしいと思えば、太陽星座の価値を金星星座と水星星座で

表現する人という見方も出来ます。

金星は、その人の魅力でもあります。

悪い意識に憑りつかれるのは、持っての他としても

金星の魅力を引き出すためにも、自分自身が持つ太陽星座の

創造性を発揮出来るようにしたいものです。

どこかで書きましたが、金星は、それだけに気持ちを

向けすぎると腐ります。

執着心になりそれが腐敗すると憎悪になりますから

適時新鮮なエネルギーを送り込むことが必要です。

太陽星座の創造性は、自分自身の金星の腐敗を祓う

ものであり、その働きが大きくなれば他の人にも

新鮮な空気を送ることが出来ます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!