相性診断の結果が悪い人の良い相性の見つけ方

sponsored link

生き辛い状態から生きていて良かったと思えるようになる相性

という記事の中で相性が良いことが条件と書きました。

この相性というものは、とても難しくてそれぞれのホロスコープに

よって必要な相性が違います。

ホロスコープの中にある要素が全てトラインやセクスタイルを

初めとするソフトアスペクトばかりであれば、教科書的な相性の

良さで判断すれば済むと思いますが、どんなホロスコープにも

何かしら相反する要素はあるものです。

ましてや金星と火星のサイン(星座)の折り合いが付き難いものや

そもそも難しい複合アスペクトの一部に組み込まれていれば

交際する段階から好きな人を絞ることが難しいかも知れません。

好きになる相手の個性と愛され方の好みが両立するとは

限りません。

これは自分自身の問題です。

太陽と月のサイン(星座)がこのような状態にあれば、更に

厄介かも知れません。

このようなタイプの人が機械的に相性診断をすると良い数字は

出ないでしょう。

どこかが良くてもどこかが悪くなるからです。

sponsored link

太陽と月のセットや金星と火星のセット等が何かしら矛盾を

抱えている状態であってもどこかにそのホロスコープ全体の

臍(へそ)みたいなポイントがあります。

その部分の相性が良いことが大切です。

そして太陽と月のセットや金星と火星のセット等の相性が

矛盾の影響を可能な限り避けているはずです。

お互いの太陽と月の相性は今一つでも太陽同士、月同士の

相性は良いという組み合わせは、可能です。

太陽と月がたすき掛けになっている場合もあります。

相性が難しくなるのは、自分自身のホロスコープの矛盾の

大きさに比例しますが、どこかに中心となってバランスを

取っている天体や感受点があります。

その部分の相性が良いということは、その部分を好きに

なってくれる相性、活かし合える相性とか表現は

いろいろでしょうが必ず活かし合える部分があります。

難しい要素の多いホロスコープを持っている人ほど

中心でない部分以外でどんなに相性が良くても、いずれ

別れることになります。

別れることになりますが、それはそれで大切です。

そのような部分も満たされないと先に進めない場合もあります。

相性は、親子関係から始まる人間関係の積み重ねが

無意識に詰まっています。

そのような部分が昇華されないと本来の良い相性に気付けない、

出会えない、育めないのも事実です。

言い方を変えれば自分自身のホロスコープ全体を束ねている

部分を自覚出来れば、ちゃんと太陽や月を中心に据えることが

出来ます。

それが出来る相性が良い相性です。

相性診断の結果が悪い人の良い相性には、そのような部分が

良い相性でないといけないということです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!