人生レベルの相性の見方と月が重要な理由

sponsored link



記事タイトルに結婚に関すると前置きをしたのは

結婚とかでなければこのような見方をする必要は

ないからです。

相性診断の結果が悪い人の良い相性の見つけ方

という記事を書きますが、このような相性の良し悪しは、

ホロスコープ全体を読んで中心を探す必要があります。

これは分からない場合は、なかなか難しく感じることも

あると思います。

このような時に相性のポイントを見つけ易い簡易的な

方法として太陽と月の元素の組み合わせを参考にする

方法があります。

どういうことかと言うと太陽が牡羊座で月が獅子座であれば

太陽も月も火の元素ですから一つのテーマをストレートに

追い求めていくホロスコープです。

強い勢いがどこにあって脆い部分がどこにあるかを

理解しながら、どのポイントを最も追い求めているのか

探します。

その部分でシナストリーで相性が良かったり、テーマを

共有出来れば相性が良いと言えます。

太陽と月がインコンジャクトの相性であれば克服すべき

テーマに共通点があるはずです。

ただし協力関係になりますから、問題になるポイントを

活かすような相性です。

今、詳しく書く根気がないので詳細は、別の機会に

譲りますが、このようなタイプのカップルの特徴として

太陽同士の星座、月同士の星座の元素が同じです。

sponsored link



つまり太陽と月の元素の組み合わせが大きなヒントに

なります。

これには理由があって月の星座が安心感を得るための

性質を示す理由として月星座が前世での生き方だから

というものがあります。

月星座がプライベートの幸せに大切なことは多くの人が

知っていますが、それなりに理由があります。

月の年齢域は無意識に影響を吸い取るからでは?と

思われるかも知れませんが、生まれ落ちる環境の質は

同じ月星座であっても千差万別であり本当に人それぞれで

結果としてその月星座の最も良い部分を引き出せる人も

いればあっという間に親に殺されてしまうような環境に

生まれる場合もあります。

これはこれでネガティブなばかりの要素ではないと

書くと強い反感を持たれると思うので書きませんが

それぞれにスピリチュアルな理由があります。

太陽は、発揮してもしなくても生きてはいけるものですが

発揮しなくては生まれて来た甲斐がありません。

つまり太陽と月の元素の組み合わせは、ホロスコープ全体の

縮図みたいなものです。

大雑把なヒントにとどまっているような印象を受けるかも

知れませんが、今回はこれで終わります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!