蟹座の満月に確認したいこと

sponsored link

200年続いた地の時代が終わって240年続く

風の時代の最初の満月は、蟹座です。

優しい始まりますです。

蟹座の支配星は、月ですから、そう言った意味で

綺麗な始まり方です。

時代に繋ぎ目で2020年の大晦日の一日前に

蟹座の満月に思うことは、新しい時代や新しい年に

一緒に向かっていく大切な家族や仲間、大切な環境、

大切な環境を支えている人やものに感謝することです。

今年としては、最後の満月ですし、前述したように

風の時代としては最初の満月です。

満月は、基本的に折り返すタイミングですが、今回は

一つのサイクルとしてよりもとても大きな折り返しです。

境遇や年齢によって大切な人やものに対する感じ方は、

異なるでしょうし、難しく考えると切りがない側面も

あります。

シンプルで良いのです。

絶対的なことではなく直感的に今大切に思えれば大丈夫です。

物事の本質は常にそこにあります。

目の前と言っても良いですし自分自身の中にあると言っても

構いません。

大切な人やものは、必ず自分自身のスピリチュアルな内容を

反映しています。

sponsored link

生涯、同じ人やものが色濃く自分自身の魂の世界を反映して

くれる場合もあればその時々で変化したり、また再び大切な

存在になったりすることもあります。

特に若い時は、様々な経験をしながら自分自身の本質に

近付いていきますから一時的に孤独になって何も大切な人や

ものが無いように思えてもまったく問題はありません。

具体化していないだけで大切な何かがない人は、いません。

まったく大切な何かが無くなれば人らしくあり続けることが

困難になるか若しくは悪い意識が寄って来ます。

将来手にしたい何かでも構いません。

その希望を持つ状態が尊いです。

最近の運勢は、何かと第3ハウスや第9ハウスが関わって

来ますから様々な形で学ぶことを大切にして自分自身にとって

大切なものを現実に縛られずにイメージ化したり、逆に

具体的な内容にしたりしてみても良いと思います。

第3ハウスは、具体的な知性です。

第9ハウスは、抽象的な知性です。

大切な人やものを強く実感するほど強いエネルギーが

流れ込んで来ます。

そのエネルギーこそ新しい時代や2021年のスタートを

切るためのものです。

強く感じてしっかりと充電してください。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!