味方にすべき天体や感受点

sponsored link

先にタイトルの答えを書きます。

アセンダント付近にある天体や感受点です。

これは死にたいホロスコープで取り上げた部分も

含みます。

何故?と思われる方もいるかも知れませんが、

アセンダント付近の天体や感受点は、極端に言えば

その人の一挙手一投足と共に発動する性質です。

ブログの記事ですから特定の誰かのホロスコープ全体に

言及出来るのは、有名人のホロスコープのみです。

それ以外は、どうしても部分的になってしまいます。

ホロスコープの一つの状態には、様々な意味があります。

アセンダント付近の天体や感受点は、その人が動く時

だけでなく何かを考える時もアセンダントのサイン(星座)の

性質と共に一緒に動くのです。

この力は、この世に生まれる時に必要とした力です。

第12ハウス側にあれば運勢的に辛い現象を引き起こす

こともあるかも知れませんが、それでもその影響力は

絶対に味方にするべきものです。

アセンダント付近の天体がなくてもアセンダントのサイン

(星座)の支配星もありますから、一つ一つの言動の効果を

良いものにするために把握しておくことをお勧めします。

sponsored link

同じことをしているはずなのに調子が上がらない場合は、

言動の中にアセンダントの性質若しくはそれプラス

アセンダント付近にある天体や感受点をしっかりと

味方に出来ていないからです。

味方にすることは簡単です。

人は、不思議なもので意識すると働きが良くなります。

そのことについて知って意識してそれをイメージして

用いるだけです。

例外的に月は意識すると隠れますが、その動きも込みにして

上手くイメージしていければ月もちゃんと使えます。

私たちは寝ても目が覚めるつもりでいますが、必ずしも

目が覚めるとは限りません。

もっと言えば目が覚めていても起きているとは限らないのです。

そのような危険な曖昧さにはまり込んでしまわないためにも

アセンダント付近の天体や感受点は、しっかりと手応えを

感じさせる言動を作り出すために必要なものです。

もう一つ付け加えるならばMC付近の天体や感受点も

必ず味方にして下さい。

必ず良いことがあります。

味方にするということは、その天体や感受点を込みで

良い性質を引き出す意識です。

難しいアスペクトを抱えていてもそれも込みです。

アセンダントを大切に出来れば後のものは自然について来ます。

一つ一つの言動にエネルギーがこもらなければ、第1ハウスから

第12ハウスに循環する間にその意思は自然消滅します。

天王星や海王星、リリス、キロン等が近くにあっても

だからこそ積極的に活かすべきです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!