森川葵さん

sponsored link

「遊女だって字を覚えたい。本が読みたい。世の中のことを知りたい」

天外者で森川葵さんが演じたはるのこの台詞は、インパクトが

ありましたが、このような希望の持ち方に双子座的な好奇心を

感じました。

星座によっては、遊女だから・・・みたいな場合もあるでしょう。

森川葵さんの太陽は、双子座ですが、海王星とインコンジャクト

になっています。

双子座の興味関心は、それぞれの双子座さんによっても異なりますが

好奇心の幅(レパートリー)みたいなものがあります。

太陽を具体的に支えるのは水星と金星ですが、同じ双子座でも

太陽の度数やアスペクトが異なるのは、当然ですが水星や金星の

サイン(星座)やアスペクトも異なります。

森川葵さんの海王星は山羊座ですから森川葵さんが向けていく

様々な好奇心を形にしていこうとします。

役立つと言っても海王星ですから海王星的なものになっていきます。

根本的にイマジネーションを働かせたり物事を広い視野で全体的に

捉えることは努力すればするほど伸びていくはずです。

森川葵さん自身は、努力されているのですが周囲から見たら

このような理由で勘の良い女優に見えるかも知れません。

sponsored link

山羊座の海王星に向かって努力することで森川葵さんが持った

好奇心は、森川葵さんがやり遂げたいことに対して再構築されます。

しかし海王星は、土星以降の天体であり森川葵さんコントロール外の

要請として働きかけて来ますから森川葵さんの太陽双子座としては、

一つをやり遂げてもそれに縛られると双子座らしい自由な好奇心を

持てなくなります。

ですからいつまでも森川葵さんを縛るような目標や仕事のやり方は

合わないでしょう。

そう言った意味では演じる役が変わっていく俳優という仕事は、

とても合っているのかも知れません。

好奇心を捨てて生きるどころか持つことさえ否定されるような遊女の

悲しみや怒りに対して素直に共感出来たのではないでしょうか。

そして森川葵さんの太陽は、土星とスクエアでもあります。

このような太陽(森川葵さん)は、威張った人や自分自身を

抑え込むような権威に対して強く否定します。

そのような否定的な感情(反抗心)が上手く役立つ形で太陽と

海王星のインコンジャクトに取り込まれていきます。

俳優やそれに付随する芸能活動に対して集中力や瞬発力が

生まれ易いアスペクトです。

ただし自分自身の自由が通る以上に成功するとそれが

かえってストレスになるタイプの人です。

今年は5月中旬から7月下旬にかけて双子座の太陽としては

仕事面で盛り上がってくる要素があります。

ただし双子座とはスクエアの木星魚座の期間ですから

自分自身が望むような形ではないかも知れないので

内面をしっかりと見直すタイミングとも言えます。

森川葵さんの生まれ時間が分からないので森川葵さんの

どのハウスに木星が入ってくるかは不明ですから

詳細は不明です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!