東出昌大さんを通して考える今年の水瓶座の運勢の攻略ポイント

2020年12月に水瓶座に入った木星と土星は、グレート

コンジャンクションと呼ばれる貴重なものでした。

そのまま2021年になって今年は、水瓶座の年と言えますが、

グレートコンジャンクションの土星は、長いスパンで

物事に取り組むことで幸運になります。

つまり今年頑張ってもいきなり成果が出るわけではありません。

心機一転、長期的な視点で取り組むことが大切です。

それどころか2020年は、山羊座に木星、土星、冥王星が

存在することで水瓶座の人は、過去の行為を徹底的に

洗い出される期間でした。

東出昌大さんも山羊座の木星、土星、冥王星に浄化されて

大変でしたが、同じ水瓶座でも良いものが眠っていた人は

浄化された後に宝ものが現れたはずです。

もちろん東出昌大さんも報道されないだけで良いものや

これからの軸になっていくものも発見されたでしょう。

トランジットの天体や感受点に詳しい人は、山羊座には

2019年も天体は入っていたはずと思われるでしょう。

水瓶座にとって山羊座は、12番目のハウスですから

それなりの浄化作用は働いていました。

杏さんが唐田えりかさんと別れて欲しいとお願い

している期間も不倫の清算と言う浄化の一つです。

結果的に離婚になりましたが杏さんとコミュニケーションを

取ることで学ぶことが多かったはずです。

そして水瓶座にとって今年を決める大きなポイントは、

早目に始まります。

1月7日から火星が牡牛座に入ることで水瓶座にとって

4番目ハウスが活性化します。

牡牛座のハウスには、天王星が2018年から入っていて

その当時から家庭に関することの変化がテーマになって

いましたが、ここに火星が加わり一気に加速します。

東出昌大さんは、すでに離婚が成立していますから

4番目のハウスの生活環境の変化が激しくなる可能性があります。

東出昌大さんからすれば余計なお世話ですが、今どこどこに

住んでいるとか言う報道が続きましたが、長期的な住まいが

決まるまでかなり紆余曲折があったようですし、まだこれからも

変わっていく可能性があります。

住まいに関することは、マスコミが追いかけ回すので身内と

暮らした方が一定の盾になってもらえるかも知れません。

一人暮らしだと24時間貼り付かれる可能性もあるでしょう。

そのような状況を抱えていても火星が牡牛座にいる1月7日から

3月4日まではチャンスです。

自分自身を良い方向に一気に変えていける時期になります。

これは水瓶座さんであれば感じていることではないでしょうか。

この短い期間でコツコツと努力してゆっくりと変化することは

出来ません既存の要素を活かす決断をすることがポイントです。

水瓶座の人は、契約やパートナーに関することも重要ですから

東出昌大さんであれば私生活のパートナーは、ともかく

(出会い、恋愛もありですが)仕事のパートナーに関しても

しっかりと気を回すことが幸運のポイントです。

最初の方で書きましたが、今年からの努力は長い目で見ることで

本当の価値が生まれます。

4番目のハウスの本質的な変化は自分自身を掘り下げることで

生まれるものです。

掘り下げ方が良ければ現象的な面でのマイナス要素は

表れなくなったりすることも多々あります。

運勢には傾向があるだけであってその運勢のどのようなレベルを

選択するかは本人自身の問題です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!