悪意から自分自身を守る方法

sponsored link



誰かを様々な手段で追い込んで自殺に追い込むことは、

立派な殺人です。

自殺願望を持った人のことを考えると、このような法律に

触れない形の犯罪は、恐ろしく多いでしょう。

コロナウイルスと個人の運勢の関係という記事で環境の持つ

運勢について触れました。

個人の運勢は、環境によって変化しますから自分自身に

あった環境を選択することは大切かも知れません。

例えば第6ハウスが射手座で、そこに天体が多いとします。

そのような場合は、様々なタイプの人が参加する仕事を

通して自分を活かすことが出来ます。

このような要素を満たす仕事環境であれば、現在の仕事に

命をかけてまでこだわらなくても良いと言えます。

もちろん追い込まれてしまえば選択する余裕はなくなります。

しかも現在の社会状況のように既存の選択基準が使えない

場合があります。

組織を去るように追い込まれても上司に傷が付かないような

理由を書いた退職願いを出すように求められる場合もあります。

組織が傷付かないように労災が処理されることもあります。

労災には過労死も含まれています。

精神的に追い詰められている時に判断することは難しいですが

元気な時から自分自身に合った環境に身を置く配慮は

大切かも知れません。

野生生物は、適切な環境に生きる時はとても強いですが

人間に飼われると簡単に亡くなってしまいます。

sponsored link



人間は、社会的な生き物ですから対人関係が嫌だから

自給自足をして暮らしても社会との接点は消えません。

どうせ生きるならば楽しく生きた方が良いと思うのは

誰でも同じです。

敢えて苦痛を選ぶ人はいません。

楽しく強く生きられる環境の判断として天体が多く入った

ハウスを使ってみるのも良いかも知れません。

この世は、どこの世界にも悪い意識は、飛び交っています。

もちろん善い意識も同じです。

しかし何らかの理由で悪い意識(悪霊)に狙われると多くの人は、

まいってしまいます。

中には巧みに返り討ちにする人もいますが、少数派です。

悪い意識(悪霊)は、似たような精神の周波数の仲間を集めて

狙った人の精神の結界を崩していきます。

人は自分自身の核心が傷付かないように精神的な結界を

幾重にもまとっています。

言い方を変えればオーラとも言えます。

このオーラは自分自身の習慣や体調、言葉の組み立て方、

食べ物、閲覧するもの、運動、ありとあらゆるものの影響で

成り立つものです。

敢えてイメージし易いようにオーラという言葉を使いましたが

生き方そのものから生まれるエネルギーとも言えます。

このエネルギーは、その人なりの精神の使い方によって

剥き身の部分、生々しい部分が傷付いてしまわないように

無意識に守っています。

これを当ブログでは精神的な結界と呼んでいます。

天体が多く集まっているハウスは、上手く使えば大きな成果が

出ますしその逆であればダメージを負います。

だからこそ味方につけないといけません。

避けては通れないテーマと言えます。

そのようなハウスを通して精神的な結界を丁寧に張ることは

自分自身を守る有効な手段です。

太陽星座の180度反対側の星座の性質のどれかを取り入れる

ことと併用するとかなり効果があると思います。

例えば太陽星座が水瓶座の人は、熱くなってみて下さい。

獅子座のイメージです。

簡単に負けなくなります。

もちろん水瓶座の創造性を活かした上での話です。

水瓶座らしさを忘れて熱くなっても意味がありません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!