第8ハウスが水瓶座の愛のポイント、その2

sponsored link

第8ハウスが水瓶座の愛のポイントという記事は、

かなり以前に書いています。

かなり文章が短くて分かり辛いものになっていますが

それでも約2000記事くらい削除した時に残したのは、

大切なことだからです。

愛が生まれ直す場所としての第8ハウスという記事に

「第8ハウスをカウンセリングするということは

地下水路の地図を意識化するということです。

この地下水路の世界は、ある部分が崩れて閉鎖したり

新しい穴が生まれたりしながら変化したりもします。」

と書きました。

感情が流れるところですから生きています。

ましてや第8ハウス自体は意識の空間に過ぎません。

人によっては、天体や感受点が何一つなかったり、

逆に沢山あってしかも複雑なアスペクトを持っている

場合もあります。

箱と中身は違いますし、しかも中身は人それぞれです。

中身を抜いた部分の愛を再生させる世界としての

第8ハウスに付いて書いています。

中身は、別です、と断れば良いのかも知れません。

自分自身のを全体的に統合すること(愛を感じること)は、

その人自身しか出来ません。

記事自体はその材料に過ぎません。

正確には、材料になれれば良いのだと思いました。

そう言った意味で今回書く第8ハウスが水瓶座の

愛のポイントは、全てではなく一部です。

ですから、同タイトルで№2にしてみました。

sponsored link



第8ハウス水瓶座は、特に扱いが難しい組み合わせです。

大雑把に分けて愛の進展に2段階の時期があります。

8ハウス水瓶座の世界も一度に全てを書くことは出来ないので

一部となります。

このブログ的に言わせてもらえばかなり込み入った

地下水路の世界になっています。

第8ハウス(地下水路の世界)は、自分自身の深い感情の世界ですから

水瓶座の性質に染まることで風通しが良くなることでとても

不安定になります。

それはその人自身の性格自体が不安定になるということではなく

自分自身の深い感情の世界(地下水路の世界)なのに他人(一応

友情関係はあります)が、まるで我が家のように入って来る状況は

そもそもがそのような世界とは言え、月星座との相性によっては

大変なことになります。

自分自身のホロスコープが第8ハウス水瓶座なのですから

基本的に未来のビジョンの好みが合うような友情関係を通して

生まれ変わろうとしますが、そこは愛する人との結婚生活の場にも

なる場所です。

直接的に誰かが入って来なくても何らかの理由でプライベートが

さらされる状態とも言えます。

映画の題名を思い出せませんが、詩人の夫がどんどん家庭に他人を

招き入れることで奥さんがパニックになっていくような洋画があります。

映画自体はキリスト教の教えが背景にあったような気がしましたが

他人が勝手に寝室に入って来たり、次第にエスカレートして何十人も

知らない他人が自宅を好きに使い始め奥さんの精神は崩壊します。

奥さんの身体の中に指を入れてくるものまでいたような描写も

あった気がします。

ジェニファー・ローレンスが出演している「マザー」という映画です。

これは第8ハウス水瓶座の極端なイメージです。

現代風なイメージであれば私生活をネタにするカップル系

ユーチューバーも当てはまるかも知れません。

自分たちから私生活を公開していますが、それを他人が閲覧して

高評価したり低評価したり様々なコメントをします。

登録者が100万人のカップルもいますから、本来ならば

二人だけの暮らしの中に他人の視線が無数に入るという意味では

前述の映画よりも凄いかも知れません。

現実は、カップル系ユーチューバーになる動機は、様々でしょうが

例に引いた映画の詩人である夫も良い詩を書くための

インスピレーションを得るためでした。

このように書くと第8ハウス水瓶座の愛のポイントは、

まるで流砂のように流れていたり、地下水路の世界のイメージで

言えば浅い水しか流れていない全てが可視化されているように

思えるかも知れません。

しかしそうではありません。

第8ハウス水瓶座はややこしいと書いた理由は、第8ハウス本来の

性質である一体化を得るためにちょっと普通ではないことを

無数に試行錯誤し続けるのです。

そしてその試行錯誤の結果、勝ちパターンみたいなものを

見つけます。

愛する空間で勝ちパターンという表現は、間違っていますが、

それくらい愛を実感するスタイルを見つけることが難しいのです。

そしてそのパターンが見つかるとそれを自分自身の第8ハウス水瓶座の

世界を出入りする人たちと追及するような形になっていきます。

もしそれが精神的に横に展開すれば友情関係にある人と深い関係を

持つでしょうし、縦に展開すればエキセントリックだったり

アブノーマルなものを追及するかも知れません。

甘える時に自分自身のキャラクターを変える必要がある場合もあります。

時間がないので取りあえずここで止めます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!