虐待ではない親子問題が恋愛や結婚に影響を与えるアスペクト

sponsored link

珍しく虐待ではない親子問題が恋愛や結婚に影響を与える

場合に付いて書いています。

恋愛や結婚が上手くいかない時に、第5ハウスの12番目の

ハウスである第4ハウスについて見直すことから始めますが、

親が立派過ぎても恋愛や結婚が上手くいかない時があります。

これは親が悪いのではなく素直に親を慕った時に親のレベルを

高く感じることで愛を難しく感じるパターンです。

珍しいと言えば珍しいですが、それなりに起こりがちな

親子関係です。

それでも子供側(自分自身)が親に追い付ければ良いですが

なかなか追いつけそうにない親を持つ場合もあります。

これは親の能力と子供の能力の相対的な問題です。

子供側が親は親で、自分は自分と割り切れたら良いですが

それでも親は愛着の対象ですから、どこかで葛藤を

乗り越える必要があります。

占星術的にこのような葛藤を抱え易いタイプの人は、

水星と土星のハードアスペクトを持つ人です。

(コンジャンクションを含みます。)

少し理解し難いアスペクトですが、さんまさんと

大竹しのぶさんを両親に持つIMARUさんが水星と土星の

アスペクトを持っています。

イメージし易い例としてあげましたが、このアスペクトを

理解する時に最も相応しいのは小室哲哉さんかも知れません。

sponsored link



小室哲哉さんは、水星と土星のコンジャンクションが

第7ハウス射手座にあります。

小室哲哉さんの生い立ちに詳しくないとピンと来ないかも

知れませんが、この配置(第7ハウス射手座にある水星と土星の

コンジャンクション)は、結論だけを書くと家庭環境のプレッシャーから

逃れるためにパートナーとパーティーを開くような状態になります。

小室哲哉さんは、音楽一家の中で自分らしくありたかったのかも

知れません。

詳細を知りたい方は調べてみて下さい。

小室哲哉さんのパートナーは、結婚と離婚を繰り返した婚姻上の

パートナーよりもTMネットワーク時代の宇都宮隆さんを初め

観月ありささん、篠原涼子さん、yu-kiさん、hitomiさん、内田有紀さん、

KEIKOさん、華原朋美さん、安室奈美恵さん等、複数の音楽上の

パートナーを持つ第7ハウス射手座っぽい、レッツパーティーと

言ったような華やかさです。

小室哲哉さんも62歳ですから小室哲哉さんの女性遍歴について

ぱっと思い浮かぶ人は少ないかも知れませんが、小室哲哉さんの

恋愛や結婚・離婚に第7ハウス射手座にある水星と土星の

コンジャンクションが強い影響を与えています。

ホロスコープは、常に全体を読まなければいけませんが、このような

アスペクトの問題もあるということで取り上げてみました。

小室哲哉さんは、私生活は別にして仕事に活かして生涯収入は、

97億円とも言われています。

気になる方は、是非、ホロスコープ全体を読んで水星と土星の

ハードアスペクトの影響を検討してみて下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!