実は、尽くすタイプ(蒼井優さんのインターセプト)

sponsored link

この記事第6ハウスでインターセプトされた乙女座に

付いて書かれています。

蒼井優さんの第6ハウスは、インターセプトされています。

インターセプトとは、一つのサイン(星座)が異なるサイン(星座)に

すっぽりと挟まれている状態になります。

特定のサイン(星座)がサンドイッチされることで、そのサイン

(星座)のハウスは無い状態になります。

大切なことは、何故無いのかという点ですがその理由は、

インターセプトされたハウスとサイン(星座)だけでは

分かりません。

しかし何らかの理由でその内容を大切に思っていることを

示しています。

蒼井優さんの第6ハウスの始まりは獅子座で、中身は、

乙女座が全て収まっていて終わりは、天秤座になっています。

表向きは、第6ハウスが獅子座ですから自分自身の感情を

優先するタイプでそれを譲りません。

第6ハウスにある乙女座を挟み込んでいる天秤座は協調性を

大切にますが、獅子座同様に男性星座ですからそれは

自分自身の仕事(個性)のためです。

蒼井優さんの誰かに対する尽くし方は、表向きは男っぽい

(男前)ですが、隠された乙女座は、女性星座であり

隠された本音は、柔軟サインの女性星座ですから

相手に合わせて変わってしまうかなり繊細なものです。

そのような性格を大切に思って誰にでもは見せない

タイプの人ということになります。

このような状態は、蒼井優さんが乙女座の要素である

完璧であることや気遣い(サービス精神)をとても大切に

思っていることを意味します。

もちろん乙女座気質にも厳しい面があって嘘を付く相手は

評価しません。

ですから蒼井優さんは、表向きは自分自身の気持ちを

強く通すように見えたとしても、それは誰かに尽くすため

という気持ちがあったりします。

男前な印象だけれども深く付き合って仲良くなると

かなり気遣ってくれるタイプの人です。

第6ハウスでインターセプトされた乙女座について書きますが、

蒼井優さん個人に少し触れると第6ハウスの支配星が

第6ハウスにありますから仕事優先の人です。

山里亮太さんよりも仕事と言ったら言い過ぎですが、

山里亮太さんに何もなければ先ずは仕事を優先します。

ですから今回記述した内容を厳密に言えば、蒼井優さんは

仕事に向けmあす。

それを許してくれるというかその必要条件も含めて愛して

くれるから山里亮太さんと結婚したとも言える相性です。

sponsored link
error: Content is protected !!