悩みの解決方法が分からずに困っている場合

sponsored link

悩みの解決方法が分からずに困っている場合は、焦って

詳細部分についてまでこだわり過ぎると余計に泥沼に

はまってしまいます。

先ず大切なことを確認しますが、解決方法はある

ということです。

もちろんそこには、問いの立て方に沿った世界が

展開されますから、そもそもの立て方相応の解決方法が

存在することになります。

ただそのようなことまで書いていくとごちゃごちゃ

するので、シンプルに書くと自分自身の視野をそれまでよりも

広く持つことで受け入れられる解決方法が見つかるはずです。

どうにもならないという感じ方は、不安が先行することで

とても視野が狭くなってしまうことで生まれます。

焦る感じ方は、理解出来ますがいったん、金星なりリリスなり、

木星なりのサイン(星座)の性質に沿って楽しい時間を少し

持つことがお勧めです。

一番無害なのは、金星星座に沿って楽しく過ごすことです。

ちょっとでもリラックスして余裕が出来てからもう一度

全体を見直すと何か解決方法の糸口が見えるかも知れません。

かなり重症の場合は、海王星絡みのアスペクトを使うことも

ありですが、はまり込んで自分自身を見失わないように

配慮することが必要です。

どんなにしんどくてもリリスは、楽しめますという記事も

書いたりしましたが、先ずは金星星座に沿って少し気持ちに

ゆとりを作ることがお勧めです。

楽しくなってくると解決方法のヒントの尻尾くらいは

見えてくるものです。

そこから少しずつ良い状態を手繰り寄せていけばまた

良い調子になっていきます。

もしこうすれば解決するという糸口があるとするならば

本当に自分自身が信じていることです。

気分が爽快になる状態は、悩みが解決していく第一歩ですが、

それはスピリチュアルな在り方が、反映されたもので

客観的な状態とは必ずしも関係があるとは限りません。

霊で憑かれたとか、祓ったとか、言われることがありますが、

確かに特定の何かとの距離感や関係性はあっても

自分自身の核の上にまとっているものとまったく関係が

なければ、つるっとした感じで憑きようがありません。

解決方法も同じです。

自分自身の核に自分自身の意識でコンタクト出来ている状態が

祓われている状態であり常にシンプルな答えが間断なく

出続けている状態です。

それは何かに捉われたりして立ち止まっている状態ではなく

他人からどう見えようがスピリチュアルな在り方が反映されている

世界では、物事はどんどん前進しています。

逆に朝から晩まで多くの人に会い馬車馬のように仕事をしていても

自分自身の内なる世界は、一歩も動いていない人もいます。

そのような人は、物理的に塞がるとすぐに立ち直れなくなります。

本当に自分自身に直面するからです。

これは道徳観念みたいなものではありません。

生まれながら身体を動かせない人もいますが、充実した人生を

歩む人も大勢います。

それは人の本質が身体的なものではなくスピリチュアルな在り方に

あるからです。

スピリチュアルな在り方を取り戻す方法が純粋に楽しめる時間を

持つことです。

楽しめたら苦労しないと思われるかも知れませんが、どんな

手段でも誰もが行えることしかありません。

同じことでもそれを行う人によって効果は変わります。

もし秘策があるとすれば一緒にいれば楽しめる相手と

時間を過ごすことです。

もちろん自分自身の楽しみ方に沿っていなければ逆効果です。

それでも自分自身の本質に沿った楽しみ方を行いながらも

より楽しくなる相性の人はいますし、そもそも悩みによって

行動力が滞るタイプの人は、理由は様々ですが何かが怖いのです。

悩まない人は、いませんが行動は止めない人も大勢います。

ですから勇気をもらうことで誰かと一緒に楽しむ状態が

作れるのです。

このような相性は、完璧である必要はありませんが、自分自身が

成長してきた時に綺麗に卒業する方に注意が必要です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!