49歳の三浦春馬さんと亡くなる直前の激やせについて

sponsored link

2020年7月18日の三浦春馬さんの進行の太陽の

サビアン度数は、牡牛座16度でした。

2020年の6月1日くらいからサビアン度数牡牛座

16度です。

三浦春馬さんの亡くなった経緯は二転三転していて

7月18日から半年間以上過ぎてもさっぱり事情が

分かりません。

様々な力が働いているのは理解出来ますが、一人の

若い俳優である三浦春馬さんがこのような扱いを

受けていることが本当に不思議です。

間違って三浦春馬さんの過去記事を160記事ほど

削除してしまい亡くなる直前の三浦春馬さんに関するものが

何一つ残っていないので改めて三浦春馬さんの運勢を

見直してみました。

亡くなった当初は、原因を考えたのでトランジットを

中心に見ていましたが、三浦春馬さんの死を取り巻く状況を

考えるとそれは明らかにしてはいけない圧力が働いている

部分があって恐らくもう真実は、分からないのかも知れません。

この記事で取り上げているのは、三浦春馬さんの進行の太陽です。

三浦春馬さんがどんなことを思っていたのかという主観的な

部分で本当は、三浦春馬さん自身に尋ねてみなければ

分からない部分です。

ですから三浦春馬さんのノンフィクションとして、この記事を

読んで下さる方々の情報と照らし合わせて「そうかも」とか

「どうかな」とか思いながら読んで頂けると幸いです。

sponsored link

誤って死に惹かれそうになる第4ハウスの進行の新月

という記事を書きましたが、これは進行の太陽と月が

コンジャンクションになっている状態です。

2020年の6月から7月18日までの三浦春馬さんの

進行の太陽だけを読んでいます。

このサビアン名は、「神秘を暴露するために空しい努力をする

年をとった男」です。

簡単に言えば、それまでのものに飽きてしまって将来を夢見る

気持ちが強くなり独立志向が高まってそれを実行しても

何一つ叶わないことを知り失望する男です。

それまでと何も変わらないのならば自分自身の創造性を

どのように扱えば良いのか思い悩む男でもあります。

サビアンは、スピリチュアルなメッセージによって

書かれたものですから「神秘の暴露」と言うような表現が

されていますが現実的に何を暴露しようとするのかは、

人それぞれでしょう。

このサビアン度数の内容を三浦春馬さんの運勢として引き付けて

考えれば、三浦春馬さんは、自分自身にしか出せないような

独自性を発揮出来る仕事にだけ挑戦していきたかったのかも

知れません。

あくまでも想像ですが、もしかしたらカネ恋みたいな仕事ばかり

今後もさせるぞみたいな言われ方(事務所の方針)をされたのかも

知れません。

あくまでも完全な例えです。

進行の太陽と進行の月がコンジャンクションする進行の新月で

人生のテーマが変わります。

これは約27、5年に一度しか変わらない長期的なものです。

三浦春馬さんの進行の新月が切り替わるのは、2039年の

2月16日です。

双子座の3、03度辺りで起こります。

それは三浦春馬さんのネイタルのホロスコープの第5ハウスです。

本当にザックリとした表現ですが、やっとわくわく出来る

状態になります。

そしてその時のサビアン名は、「ヒイラギとヤドリギ」です。

これは、自分自身や他人の感情やその人が持っている根源的な

生まれつき持っている性質(魂も含む)を表現することに興味関心が

高まる度数になります。

そしてこのような気持ちが高まるだけでなく、そのようなものを

意図的に表現出来る方法を知り演技だけでなく他人の演出能力も

伸びていきます。

2039年の4月5日を迎えた時に三浦春馬さんは、49歳です。

亡くなった年から19年後です。

このような幸せを願うのは、ある意味とても怖い気もします。

今この記事を書いている時点で30歳の三浦春馬さんから

49歳までの変化を丁寧に辿ることは出来ませんが、変わっていく

自分自身(三浦春馬さん)を想像することが仮に出来たとしても

そのような自分を受け入れることは難しいでしょう。

そのようなことを他人から突き付けられたら、普通、どのような

気持ちになるでしょうか?

2020年の春頃は、大型自動二輪(大型バイク)の免許を

取って嬉しそうな三浦春馬さんが急激に痩せていったのは

このような失望感があったのかも知れません。

sponsored link
error: Content is protected !!