良い出会いを選択したい乙女座の満月

sponsored link

今日は乙女座の満月です。

満月がアセンダントにコンジャンクションで、太陽は

ディセンダントにコンジャンクションというかなり

主張の強い満月になっています。

アセンダントは、自分自身でディセンダントは他者です。

両者の視点で出来上がっているものは客観的なものでしょう。

しかも乙女座ですから主観が抜かれた状態で誰から見ても

有用な状態でしょう。

満月は、折り返しのポイントですから、ここまでの努力で

出来上がって来たものを大切にして次の新月に向かう

ことになります。

言い方を変えればここまでの努力で出来上がったものを

大切にするということです。

ただ興味深いのは、ディセンダントの太陽側の他者が

魚座というサイン(星座)ですから、他人視点と言っても

スピリチュアルな要素も多分に含まれています。

当たり前ですが満月は月と太陽のオポジションです。

今回は乙女座の満月ですから乙女座と魚座のオポジションです。

詰まり他者の中にある様々な視点の中から自分自身が

未来に進んでいけるものを選ぶという言い方も出来ます。

乙女座は、完璧な状態を作るために自分自身のカバーする

範囲を限定するのです。

ですから今回の乙女座の満月は、満月に頑張るのではなく

スピリチュアルな視点込みの他人視点の中から一つ

自分自身に合ったものを決めるだけで良いのです。

そしてそれを本当のわたしであると自分自身に宣言出来れば

それで上手く次のサイクルに繋いでいけません。

ホロスコープには、様々な情報が詰め込まれていますが

後一つだけ加えるならば天王星かも知れません。

この満月と太陽のオポジションを調停の複合アスペクトに

する形で関わっています。

天王星ですから、その自分自身の選択が妥協されたものではなく

自分自身のオリジナリティーに繋がるものであればより良い

ということです。

オリジナリティーにポイントを置くことで自分自身と他者の

視点と最も調和が成立すると言うことです。

第7ハウスにある太陽ですから恋愛だけに限らず出会いも

増える可能性があります。

この時に良い出会いを選択するためにもオリジナリティーが

大切になってくるのです。

オリジナリティーを選択するということは、依存ではなく

自立する姿勢が必要です。

良い選択が良い自分自身を作るとも言える乙女座の満月です。

乙女座の満月が自分自身のホロスコープのどのハウスで

起こるかチェックしておくと良いことに気が付き機会が

増えるかも知れません。

関連記事

抱えている母親問題と恋愛や結婚の成功の関係の見方

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!