リリスやキロンで知る自分だけの幸運術

sponsored link

人は、頑張って何も心配することがないような表情を

して生きています。

ところが誰だって考えてしまうと心配になるようなことを

沢山抱えて生きています。

しかしそんなことを気にしていたら楽しく生きていけなく

なるので、あまり気にしないようにしているだけです。

楽しいことや希望、自分自身が大切に思う存在に気持ちを

向けることで、あまり気にならなくなりますが、そのような

場合であっても心の傷(キロン)や他人に言い難い欲求(リリス)

として言語化されない状態で心の奥にあり続けます。

これら二つだけではありませんが、普段あまり意識されない

負の感情は、様々なタイミングで顔を出します。

ネガティブな場合は、理屈抜きで誰かの存在自体が許せない

とか、隠れて自身の欲望を満たしたりとか、おおっぴらに

出来ないものもあるでしょう。

心の傷は、お互いが理解し難い特殊な考え方を作り出します。

時には、どちらの考え方が正しいのか争う場合もあるでしょう。

パワハラやセクハラ行為、不倫、浮気、DV、虐待等の行動に

姿を変えることもあります。

お金の失敗に繋がることもあるかも知れません。

しかし元を正せば心の傷です。

リリスも傷ついたことから生まれた秘密の欲求とも言えます。

sponsored link

このような視点でキロンやリリス、その他のハードアスペクト等を

見詰め直すことで心の傷を正当化した挙句に肥大化、モンスター化

させずに済むかも知れません。

心の傷は、その人のしるしみたいなものですから、それはそれで

大切なものですが、飲み込まれてしまってはいけません。

あくまでも他人の痛みを想像したり出来るような存在で

それがあるから共感出来ることもある、と言う程度が適切です。

同じような心の傷で繋がって正当化する思想を作り、その思想や

感情にとって許せないと感じる存在を全否定するようなことに

なってしまっては本末転倒です。

キロンは癒す能力になりますし、リリスは、どんなに不遇な時でも

楽しめるものになります。

ハードアスペクトも使いこなせる人には、長所になります。

心の痛みに捉われると生き難くなりますが、完全に切り離すと

モンスター化します。

自分自身に対して優しくしてあげる時間も大切です。

心の傷に飲み込まれてしまわないようなバランスは、人それぞれで

答えなんてありませんが、バランスが適切かどうか判断する方法は

あります。

他人の幸せを見て傷付くようであればバランスの見直しが必要です。

羨ましいと思ったら自分自身の長所を可能な限り伸ばして明るく

心を満たしましょう。

キロンやリリスは、痛みでもありますから譲れないポイントです。

つまりバランスを取る時のポイントになります。

肥大化させたら駄目ですが、無視しても良くありません。

扱い辛いハードアスペクトも含めてこのようなポイントは、

敵にせずに味方にしておくことが努力のポイントです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!