水星蟹座の勉強や仕事のコツを通して知る水星の活かし方

sponsored link

ある人が何度母親と映画を一緒に観ても正しく

ストーリーを覚えていないと嘆かれたことがあります。

そのお母さんは、営業とかさせると会社で全国で1番に

なったりするような人ですから名前はもちろん

他人の特徴や好みまでしっかりと暗記出来ま。

では何故、娘さんと一緒に観る映画の筋をいつも

覚えていないのでしょうか。

水星蟹座かなと思ってホロスコープを作ると

やっぱりそうです。

しかも他の天体にも蟹座が多い蟹座のタイプの人です。

太陽も蟹座です。

この太陽蟹座と水星蟹座の組み合わせも大きなポイントですが、

やはり水星蟹座には、大きな特徴があって自分自身の感情が

ぐっと入っていかないと水星がフル稼働しないのです。

他にも蟹座が多かったり太陽とコンジャンクションすると

余計にその傾向が強くなります。

今回取り上げたお母さんは、ある一定のものがまったく

覚えられない(映画のストーリー意外にもあります)という

傾向が強いのと引き換えに自分自身の気持ちが入っていく

人や対象には、抜群の影響力を発揮していました。

sponsored link

花を植える集中力も凄いものがあって家の庭を花畑状態に

していたそうです。

身内からやり過ぎと言われて半分くらいに減らしたそうですが

それでもかなりの量だそうです。

当然、草花の知識は豊富で土にしてもあれこれと詳しく

種類によって買い求める店まで異なっていたそうです。

水星が蟹座の人は、大なり小なりこのような傾向があって

気持ちが入る対象であればいくらでも知識や情報を吸収

していくことが出来ます。

IQを計ることも出来ますが、脳も一つの臓器に過ぎません。

コンピューターのように機械ではありません。

やはり気持ちの働きが大きく知的な活動に影響を与えます。

水星が蟹座の場合は、その度合いが12星座で1番高い

ということでしょう。

蟹座は、双子座を越えたばかりのサイン(星座)ですから

余計にそのような傾向が強く出るのでしょう。

人間社会は、水星が円滑に働くと何かと便利ですから

自分自身の水星星座の使い方のコツをハウスやアスペクトまで

考慮して把握しておくと何かと効率的かも知れません。

現代人が生きるということは、月星座を生きることは

自己責任で社会側が求めるのは水星(星座やハウス、

アスペクト)の働きである、とも言えます。

誰でも自分自身にとって楽しいことをすると人生自体が

いくらでも開けていきます。

水星は、道具的な位置づけになります。

ホロスコープ全体を通して知性の働きを考えてみて下さい。

思想は感情から生まれる側面がほとんどです。

月や金星を前提にした水星の使い方をお勧めします。

水星は、太陽との組み合わせで働きが決まります。

12サイン別(36通り)水星の使い方

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!