魚座が強いタイプの人の幸運と恋愛の深すぎる関係

sponsored link

魚座が強いタイプの人

1、太陽星座や月星座が魚座の人

2、ノードが魚座にある人

3、魚座のハウスに天体や感受点が多い人

4、魚座の天体や感受点が多い人

5、第12ハウスに天体や感受点が多い人

6、海王星とアスペクトが多い人

7、1から6に該当する天体や感受点が

ハードアスペクトを持つと更に強くなります。

魚座が強いタイプの人は、良い相手、良い環境を選択する

ことが大切です。

ホロスコープの中で魚座が強く働いてしまうと基本的に

他人を信じてしまいます。

一言で言えば性善説です。

ですから世界は善意に溢れていてそれほどがむしゃらに

頑張らなくても何とかなるような気持ちがあります。

良い意味でコントロールを止めていると言いたいのですが、

魚座という最終段階の知性は、自分自身の力で強引に

コントロールすることは出来ないことを知っていますから

世界は、善意で出来ていると信じよう、祈ろうみたいな

スタンスを取ります。

ある意味、自発的に自分自身を盲目の状態に置くことになります。

もちろん、ここで書いていることは、魚座が強い人について

書いていますから、全てにおいて目を反らすことはあり得ません。

何故なら生きている人間のホロスコープの中には、必ず12サイン

(星座)が生きています。

目を反らすのは、一部です。

この一部を良い人に預けることが大切です。

この部分が、それぞれの魚座の強い人の天然な部分を作ります。

天然と言う失礼な表現を使っているのは、宇宙のエネルギーに

通じる資源として、天然資源と言いたいからです。

魚座の強いタイプの人は、その無条件に善意だと扱うことに

決めた部分(意思決定ではなく、実は、この部分は運命)は、

天然資源(宇宙的善意、宇宙エネルギー)に繋がる入り口です。

sponsored link

これを悪い人が見つけると濫用します。

そして魚座が強いタイプの人は、それ対して防御出来ません。

何故なら、宇宙のエネルギーが取り出せる入り口として

ドアも無ければ、ここが自分自身の人格の一部であるという

境界線すらありません。

誰でも自由に使うことが出来るのです。

しかしここで書いていることは、魚座が強いタイプの人ですから

濫用されるとネガティブになり、その状況を見ないようにしたり

ひたすらその場から逃げ出していきます。

これがもっと進むと死を選択するようになってしまいます。

魚座が強いタイプの人の善意が報われるためには、自分自身が

良い状況に留まるためにつかむものが必要です。

もし魚座が強いタイプの人で現在、良い状況ではないと

感じている人も同じです。

物理的な話ではないので、良いものをしっかりとつかんでいれば

必ず浮上出来ます。

何故なら良いものは、最初から次元が高いからです。

今、大変な状況なのに何故いきなり良いものをつかむことが

出来るのか?と思われるかも知れませんが、その答えは簡単です。

生きていて肉体があるからです。

これが生きていることの尊さであり、魚座が強いタイプの人が

最も気が付き難い部分です。

他人の善意を信じなければ成立しない魚座が強いタイプの人は、

そのある種宗教的とも言える信念みたいなものを壊すことが

出来ないために戦わずに逃げるしかありません。

無理に戦えば魚座が強いタイプの人の身体は、壊れます。

それは内なる自分自身が壊れるからです。

実際に事故を起こしたり、病気になったりすることで

その破壊的なイメージが具現化します。

対策として良いものをつかむと書きました。

魚座が強いタイプの人の良いものとは、何でも良いです。

一般的には、良い言葉とかですが、比喩ではなく現実的に

自分自身が本当に大切だと思えるのならば落ちている石でも

構いません。

ただ人の本質は、振動みたいなものですから、良い言葉を

一日に何かも繰り返したり、書くような行為が効果があります。

しかし魚座が強いタイプの人は、自分自身が本当に信じられる人や

活動を応援するとか、極端なことを言えばアニメキャラでも

構いません。

「推し」を大切にするという言い方も出来ます。

魚座が強いタイプの人の幸運術は、かなり特殊なので、自分自身が

持つ天然資源を大切にしてくれる人と出会って守ってくれて

活かしてくれる人で出会い結ばれることが一番だと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!