相性悪くても上手くいく場合(ネイタルがハードアスペクトだらけでも幸せになれる理由)

sponsored link

この記事は、ネイタルのホロスコープがハードアスペクト

だらけでも幸せになれる理由というタイトルを付けても

良い内容になっています。

トラインというアスペクトがあります。

調和した状態で穏やかな感じで過ごせます。

トラインが沢山ある人もいれば中には、トラインが

なくて一般的にハードアスペクトと呼ばれる

コンジャンクション、スクエア、オポジション

ばかりのホロスコープを持っている人もいます。

ところが個人的な幸せにしても相性や運勢でも

必ずしもトラインが良くてハードアスペクトが

悪いとは限りません。

何故かと言うと本当の幸せを作るトラインは、

第1ハウスから第4ハウスまでの自分自身の気持ちを

作る部分と第5ハウスから第8ハウスまでの気持ちを

深める部分と第9ハウスから第12ハウスまでの社会的に

発展させていく部分の三つのトラインだからです。

ですから詳細部分と言うか、細かいそれぞれの部分は、

(当事者やその時々の感情としては小さくはないですが)

上記の大まかな三つの部分のバランスが取れていれば

幸せを感じていられます。

もちろんハードアスペクトが多い場合は、独特のバランスの

取り方になりがちですが、具体的に若しくは社会的に

問題がなければ構いません。

sponsored link

これだけ書くとちょっと分かり難いかも知れません。

1番目のグループ(自分自身の価値)

第1ハウスの基本星座は、牡羊座で第4ハウスの基本星座は、

蟹座です。

牡羊座は、火の星座で蟹座は、水の星座です。

つまり分裂状態(個の状態、一人ぼっち)から統合された

状態になります。

しかし牡羊座と蟹座は、基本的にスクエアの関係です。

もちろん途中に地の星座と風の星座があります。

2番目のグループ(主観(感情)を育てる)

第5ハウスの基本星座は、獅子座です。

獅子座は、火のサインです。

第8ハウスの基本星座は、蠍座です。

もちろん途中に地の星座と風の星座があります。

しかし獅子座と蠍座は、基本的にスクエアです。

3番目のグループ(社会的側面の成長)

第9ハウスの基本星座は、射手座です。

第12ハウスの基本星座は、魚座です。

射手座は火のサインで魚座は、水のサイン別です。

しかし射手座と魚座は、基本的にスクエアです。

つまり大まかに捉えるとこれらの三つのグループが

4つのハウスずつでどうにかバランスが取れれば

ちゃんと楽しく生きていけます。

このような視点で考えると何とかコントロール出来る

要素があるはずです。

相性であれば、尚更簡単です。

当然、お互いの意思と気持ちの両方が必要ですが、

二人のホロスコープの天体や感受点をおけば、どうにか

バランスを創造する方法は見つかるはずです。

言い方を変えれば、どんなにシナストリーの相性が良くても

二人の天体や感受点が偏り過ぎていたら気持ちとは別の問題で

幸せになり難いでしょう。

二人共ホロスコープのバランスが良くてシナストリー相性が

良いのなら大丈夫ですが、偏っていたらいざ傾いた時に

どちらもフォロー出来ません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!