獅子座のエネルギーを使って楽しく軽やかに生きる

sponsored link

太陽は、自我ですが、自分自身が担うべき純粋な

スピリチュアルな性質を反映させるかどうかで

そのクオリティーは、まるで変わってきます。

月のサイン(星座)は、過去世での積み重ねを含めた

性質が反映された内容を引き出すために月の年齢域

である0歳から7歳に無条件で周囲の環境に

反応して出来上がった現実の自分自身です。

太陽は、担うべき理想を拒否しようと思えば出来ない

こともありません。

様々な理由で過去世の業の解消に手一杯で太陽的自我を

生きられない人も沢山います。

何一つ獅子座の天体がなくても獅子座のハウスは、

誰にでもあります。

獅子座の性質が実態を表す時に(獅子座の天体がない

場合は、支配星である太陽を考慮します。)自分自身が

培ってきたものや才能を通して他の人も幸せになって

欲しいと願います。

獅子座のハウスが第何ハウスかによって、その現場

(場所)は、異なりますが、獅子座のハウスの支配星は、

自分自身の太陽ですから、そのエネルギーや明るさで

誰かを照らすことには変わりありません。

ですから太陽星座が獅子座でなくても獅子座の性質を

発揮する時は、自分自身の太陽を使います。

12星座占いは、太陽が何座ということをとても

気にしますが、大枠で幸せになるということを考えると

12星座(第1ハウスから第12ハウス)を必要に応じて

バランス良く使うことが大切です。

太陽のエネルギーや光で他人を照らすと書きましたが、

自我の使い方がスピリチュアルなもの(光)でなければ

単なるエゴであって誰のことも照らせません。

sponsored link

このような前提で、自分自身の太陽星座やハウス、アスペクトを

考えた時に生み出すことが出来る光やエネルギーの種類が決まります。

太陽から出るエネルギーや光が温かさや希望になるわけですから

太陽サイン(星座)の性質が強く反映されます。

波長みたいなものです。

スピリチュアルな性質は、太陽の度数(サビアン度数)を参考に

すると理解し易いかも知れません。

太陽がホロスコープに無い人は、いませんから誰でも獅子座な

役割を担っています。

サイン(星座)は、単なる性質であって意識ですらありません。

太陽という他の人を照らす役割をネイタルのホロスコープの

太陽が持つサイン(星座)の性質で行うという感じになります。

そう言った意味では、太陽星座の性質は、その人にとって

正義のように感じられるかも知れません。

しかし客観的には、誰かを照らす光であり、誰かを温めてあげる

エネルギーです。

月星座が獅子座の人は、そのような過去世を送って来た人と言えます。

何らかの種類のスピリチュアルな意識の中心にいたので王様気質

として表れることもありますが、少数の人であったとしても

光やエネルギーを注いでいたのです。

このような獅子座の大らかで思いやりのある利他的な部分を

発揮すると生きることが楽になります。

楽とは、そのまま楽しいということです。

与える内容は、人それぞれですが、無条件に輝くわけですから

やっていることは怠けるどころか頑張っています。

でも気持ちは、とても軽やかで楽しいのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!