12年に一度の幸運期と伊藤健太郎さんの不起訴の関係

sponsored link

伊藤健太郎さんのひき逃げ事件が不起訴になりました。

伊藤健太郎さんの太陽星座は、蟹座ですが木星は、

水瓶座です。

伊藤健太郎さんの生まれ時間が分からないので

どのようなハウスに木星が入っていて

アングルがどのような状態になっているかとか

分かりませんし月のアスペクトも不明ですが、

ネイタルのホロスコープの木星とトランジットの木星が

コンジャンクションになる運勢は、12年に一度の幸運期です。

このような幸運期のエネルギーを上手く取り込めたことは

不起訴と大きく関係していると思います。

このような木星の幸運期は、初心に帰ると言うか

しっかりと気を引き締めてかからないと幸運を活かし切る

ことは出来ません。

普通ではない幸運期(12年に一度)を自分自身の持っている運とか

これからもこんな感じでやっていけると勘違いすると大変です。

ある意味で人の努力はたかが知れています。

寝て食べて義務みたいなことをこなして残った時間で夢を

叶えたり、辛い状況を変えようとしても基本的に無理です。

ところが頑張っている人の努力に何倍、何十倍、時には

何万倍もレバレッジがかかるタイミングが訪れます。

しかも1、何倍くらいの割り増しは、けっこう頻繁にあります。

ですから努力は、侮れないのです。

しかしそれは、決して自分自身の努力だけの結果ではなく

それぞれの背後にある第12ハウス(見えない世界にある

エネルギー)が加勢するような感じで上乗せされて来るからです。

宇宙的なエネルギーと書きましたが、別に魔法でもスピリチュアル

でもなく、結局は人の気持ちです。

それが上手く繋がってエネルギーの導管を作り出すことで

具体的な形になっていきます。

時間と空間に支配されている現実の中で具体的な幸運が

展開していくには起点が必要です。

個人は、それを努力で作っています。

sponsored link

伊藤健太郎さんの太陽は、トランジットの太陽とトラインです。

これ自体は、弱い影響力ですが、6月30日生まれの

伊藤健太郎さんは、太陽がもうすぐ帰って来ます。

その時に本当に良い状況で過ごせるように自分自身を整えて

いくことが大切です。

自分自身の誕生日(トランジットの太陽とコンジャンクション)に

いつまでもネガティブな気持ちで物事に取り組んでいると

12年に一度の幸運期ももったいないと言うか、活かされずに

経過したことになります。

ひき逃げを起こしたことは、とんでもないことですから

その客観的な影響は、簡単には消えないでしょう。

しかし自分自身の内面までいつまでも切り替えられずに

ネガティブなままでいると更に状況は、悪くなります。

これだけの事件を起こして誕生日までに不起訴処分になって

まだ約3ヶ月くらい誕生日まで時間があるということは、

かなり恵まれています。

この3ヶ月間で様々な感じ方に対して修正をかけることは、

十分に可能です。

そして誕生日の頃に外的な影響に対して素直に対峙出来るように

なり、先ずは、自分自身の気持ちの中で気持ち良く新しい一歩が

踏み出せればネイタルのホロスコープの木星とトランジットの

木星のコンジャンクションという12年に一度の幸運を

本当に活かせたことになります。

言い方を変えればこの時に様々なことにやはりネガティブに

反応していると幸運期の浪費になります。

そしてそれでは、ひき逃げ事件が不起訴になっただけに

なってしまいます。

それは未来が膨らまないということです。

伊藤健太郎さんの木星は、ドラゴンヘッドとインコンジャクト

ですからドラゴテイルから見たら緩いセミセクスタイルの

働きを持ちます。

今世、頑張ることを条件に支援してもらえるような人生を

期待されるようなものを持って生まれたのかも知れません。

しかしインコンジャクトの支えは様々な要素で簡単に動きますから

慎重に生きなければ、このような幸運は、無いのと一緒です。

sponsored link
error: Content is protected !!