第9ハウスを使って急速に意に沿わない現実を好転させる方法

sponsored link

人それぞれ第9ハウスのサイン(星座)や天体や感受点の有無、

それらのアスペクト、支配星のあるハウスは、異なりますが

第9ハウスが自分自身のグレードを上げるための意識空間

であることは共通しています。

しかも第9ハウスは、もっとも自分らしい精神エネルギーが

満ちているハウスです。

これは第9ハウスが他のハウスより重要とか優れている

という意味ではなく第1ハウスからコツコツと取り組んできた

精神的なものが第9ハウスで頂点に達するのです。

その結果何が起こるかと言うと第10ハウスでその精神的な

エネルギーの質や量に見合った具体的な現実が引き寄せられます。

この記事でお伝えしたいのは、引き寄せられる結果ではなく

その人の精神的な部分(質やエネルギー)です。

第9ハウスは、第8ハウスで恋人やパートナーとの愛と

融合し自分自身の愛に対する認識が再生された最終的な

愛が込められていると同時に自分自身の行動を背後から

追認している母親のまなざしがある意識空間でもあります。

精神的な意味だけで言えば、第9ハウスが成長の最終段階です。

そうかと言っていちいち第1ハウスから毎回やり直す時間も

労力もかけられません。

ではどうやって第9ハウスを整えていくかと言うと、個性として

上記したような第9ハウスのサイン(星座)を初めとする個性に

則ってケアするとも言えるのですが、それでは第9ハウスが

引き寄せている事態(現実)は、さほど変わりません。

バランスに問題がなければ、それで良いのですが、今まさに

引き寄せている現実が意に沿わないものであれば、バランス

そのものを変える必要があります。

sponsored link

そのやり方ですが、どのようなサイン(星座)の第9ハウスで

あっても何らかのエレメントに属しています。

牡羊座、獅子座、射手座であれば火の元素です。

牡牛座、乙女座、山羊座であれば土の元素です。

双子座、天秤座、水瓶座であれば風の元素です。

蟹座、蠍座、魚座であれば水の元素です。

全ての埃や汚れ、動かなくなった部分、何かが足り無くて

バランスを欠いてしまい意に沿わない現象を引き寄せている事を

細かくケアしていきたい場合は、第9ハウスに関して12サイン

(星座)の視点から徹底的にアプローチした方が良いのですが、

12という数はけっこう多いです。

安定感を崩さずに発展出来る素晴らしい数字なのですが、

バランスを崩して大変な時に最後まで辿り着くことは

かなり難しいです。

ですから自分自身の第9ハウスが火のサイン(星座)であれば

残りの地、風、水の元素が意味することを実行してみて下さい。

つまりたった3つです。

それで完全になろうと思わずに取りあえず自分自身が普段

第9ハウスで扱わない(認めないような精神性)を無理のない

形で取り込んでみるのです。

取り組み出せば感じられます。

地の元素が意味することはあまり好きでなかったとしても

バランスを大きく欠いた状態であれば、それが心地良くて

驚くかも知れません。

水や風の元素も同じです。

調子を崩している時にお試しに取り入れると特にその時に必要と

しているものは、絶対に分かります。

どんなに素晴らしい資質であっても何かの理由で大きくバランスを

崩すと思いもよらないものを引き寄せることがあるものです。

普通の状態であれば、そのような状況になる前に強い疲労を

感じると思いますから先ず休みましょう。

休めない状況は、おかしなことです。

危険なことです。

物事のサイクルに右肩上がりは、あり得ません。

適切に発展して必要な分だけ刈り取り貯蔵してまた種を撒きます。

休めない状況は、どこかに嘘があります。

疲れたらただ休むだけでは消耗します。

だましだまし頑張っているだけです。

休む日に異なる元素を取り入れて本当の意味でリフレッシュ

することがポイントになります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!