三浦春馬さんの生死を分けたかも知れないコインのクイーン(三浦春馬さんのとのスピリチュアルな対話)

sponsored link

タロットカードを使って三浦春馬さんとスピリチュアルな

対話をした時にコインのクイーンのカードが出て来た場合に

付いて書いています。

三浦春馬さんは、ICに太陽がコンジャンクションしている

家族第一主義のタイプの人です。

愛情のベースにとても強い家族愛があります。

三浦春馬さんが亡くなった後に三浦春馬さんの母親ことが

何かと取り上げられましたが、どんなに距離を置いていても

快くは思っていなかったはずです。

何故、コインのクイーンのカード解説記事で母親問題に

触れるかと言うとコインは、土の元素であり日常生活の実際的な

働きをコントロールする性質を持つからです。

日常生活が破綻すると子供が安心して育つ場所は無くなります。

日常生活(占星術的には、月)は、養育者が神経質になり過ぎても

子供に過剰な期待をかけても溺愛し過ぎても子供にとって

居心地は、悪いものです。

それでも子供は、育っていかねばなりません。

どのような環境に生まれてもそれを養分として吸収していく

強さがなければ生き残れないのです。

地球上には、猛毒である硫化水素を栄養源として生きる

生物もいます。

三浦春馬さんが進行の月が第9ハウスにある時にあのような

亡くなり方をしたことが不思議で仕方ありませんでした。

まさに成長段階の絶頂期であり、それまで頑張った評価を

本当の意味で手にするのは、第10ハウスです。

まさに志半ばです。

第9ハウスを使って急速に意に沿わない現実を好転させる方法

という記事を書きましたが、三浦春馬さんの第9ハウスは、

乙女座で地の元素ですから、何かが足り無いと言うよりも

バランスを良くしようとし過ぎた可能性があります。

もちろん、母親から4歳ですでに児童劇団に入れられた

三浦春馬さんにとって成長のバランスは、俳優としてという

基準があったことは、容易に想像出来ます。

真面目な三浦春馬さんの日常的な規範意識は、俳優を辞めたいと

思った時に止められなかった時点で完全に月の資質の中から

個人的な要素を把握する感覚が消えたと思います。

豊かな才能が過剰な適応を招いた部分もありますが、

それでも俳優以外の生き方をしたいという気持ちが残っていました。

ネイタルのホロスコープの中に自然に対する強い親和性が

表れていますが、実際に農業に従事すれば良かったと言うよりも

少しだけでも遠回りが許されていれば、三浦春馬さん個人だけの

何かが育つ余地があったかも知れません。

sponsored link

月は、圧迫要因が増えるほどぼーっとすることが怖くなります。

それは内なる不安が鎌首をもたげて来るからです。

不安をかき消すには、行動を加速するしかありません。

ポジティブに加速してもネガティブに加速しても自然にぼーっと

出来なければ月は安らぎを得ることはありません。

三浦春馬さんの第9ハウスは、乙女座ですから自由な時間に

健全にバランスを崩す必要がありました。

その人の第9ハウスにコインのクイーンは、いると言う

言い方も出来ます。

コインのクイーンがバランスを崩さないように働くことで

私たちは、様々な現実的な成果を得ます。

三浦春馬さんも同じです。

素晴らしい三浦春馬さんをこの世に産んで下さって三浦春馬さんの

母親に感謝の念を感じている人もいると思います。

実際にそうなのです。

そこには感謝だけがあります。

「そこには感謝だけがあります」の「そこ」は、第9ハウスであり、

コインのクイーンです。

母親が喜ぶ価値観を頑張って実現しようとする幼い三浦春馬さんの

姿があります。

しかしその幼い三浦春馬さんの姿は、三浦春馬さんの母親の瞳に

映る三浦春馬さんです。

この母親の瞳は、映画のスクリーンでもあります。

ミュージカルの舞台でもあります。

三浦春馬さんは、果たしてこのことに気がついていたでしょうか。

気がついていたからどうとか、こうという問題ではなく可能性です。

特に男の子が成長しようとする時に母親の視界から消えようと

するのは、自然なことです。

それは、コインのクイーンから隠れてちょっとやんちゃなことを

したりするという意味です。

三浦春馬さんの母親がどうとか言う問題ではありません。

第9ハウスが乙女座である三浦春馬さんにとってやんちゃとは、

火の元素を使うことです。

三浦春馬さんは、アセンダントは、射手座で月は、獅子座です。

太陽は、牡羊座です。

良い子ばかり演じていると元気が無くなります。

風の元素を使うことです。

三浦春馬さんは、金星も火星も水瓶座です。

良い子でいようとすると思い切った恋愛が出来ません。

水の元素を使うことです。

三浦春馬さんのは、木星が蟹座で冥王星が蠍座です。

特に冥王星が蠍座ですから感情に溺れる時だって必要です。

コインのクイーンは、とても優秀ですが、完全にまとめ過ぎて

しまってそれ以上成長出来なくしてしまいます。

三浦春馬さんが本当の意味でコインのクイーンと良い関係を

作るには、コインのクイーンの目が届かない精神世界で

やんちゃをすることが必要でした。

物理的な距離は、関係ありません。

やんちゃして傷だらけになっても転んだだけだよって言って

お母さん、何か食わせてくれよと言えるようなバランスがあれば

コインのクイーンは、映画のスクリーンやミュージカルの舞台で

頑張っている三浦春馬さんを支え続けることが出来ました。

これはあくまでも第9ハウスの母親のまなざしとして三浦春馬さんを

守れたという意味ではなく三浦春馬さんを後押しする精神的価値観

として三浦春馬さんを守ることが出来ました。

乙女座のエネルギーが強いタイプの人が幸せになるための二つのポイント

と言う記事の最後に

「それと向き合わないと形を変えて乙女座のエネルギーが強いタイプの人の

心理的な境界線や物理的な境界線に何かが侵入しようとします。」

と書きました。

三浦春馬さんの母親が、自分が三浦春馬さんをちゃんと守っていれば

こんなことにはならなかったという気持ちは、純粋な思いだったと

考えています。

どんな母親であっても母親のまなざし(第9ハウス)を通して子供を

いつまでも支えています。

このまなざしが、実際に子供を守れるかどうかは、逆説的ですが

子供がコインのクイーンのまなざしから逃げ出す時間と空間を

本当の意味で持てているかどうかです。

コインのクイーンが正位置の場合とか逆位置の場合とか書くのは、

辛いと言うか、辛いです。

だから今回は、これで止めますが、三浦春馬さんとスピリチュアルな対話を

する時にコインのクイーンが出て来た時の微妙さについては、書けたかな

と思います。

生き残ることが全てにおいて優先します。

完璧でなくても良いのです。

逃げてもさぼっても構わないのです。

実は三浦春馬さんは、無理解な人たちに丁寧に対応することが嫌になって

海外に逃亡していましたという妄想は、優しさですらあります。

このような妄想は、ファンの突拍子もない妄想ではなく三浦春馬さんに

向けられた優しさです。

理解しようとせずにただ否定するだけの相手に真面目に対応するから

いけないのです。

このような例外的な対応のセンスは、やんちゃの中でしか身に付きません。

コインのクイーンは、深過ぎます。

一応、念のために書いておきますが、このコインのクイーンの解説記事は、

三浦春馬さんとスピリチュアルな対話をした時にコインのクイーンが

出て来たら私ならこう読むと言った内容であって一般的なタロットカードの

解説とは異なるものです。

三浦春馬さんとのタロットカードを使ったスピリチュアルな対話の

タロットカード解説記事を書き終えたら一般的なタロットカード解説記事も

書こうとは思っています。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

三浦春馬さんのその他のタロットカード解説は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!