本当に何かを決めないといけないタイミングを知って豊かになる方法

sponsored link

一般的な運勢には、良いもの厳しいものと様々な種類が

ありますが、最終的に多くの人が知りたいことは自分自身は、

どのタイミングで本格的に運勢に乗っていかねばならないのか

ということです。

恋愛や仕事でも良い運勢自体は、何度でも訪れます。

今日も使い方によっては、かなり良い運勢です。

ところがそのことがその人にとって決定的なことになるのか

と言えば当たり前ですがかなり個人差があります。

本当の意味でチャンスに乗っていくのなら

アセンダントにトランジットの木星がいつ乗って来るかを

調べてチャンスに対して努力をしていく必要があります。

このタイミングでそれまで流れが悪かった人は、良い方向に

ガラッと変えていくべきですし、それなりに問題がなく

良かった人も更なる飛躍を求めていくタイミングです。

試練に対して落ち込みを少なくしたいなら

アセンダントにトランジットの土星が通過タイミングは、

試練が訪れます。

この運勢も逆算出来ますから自分自身の実感や周囲に

起こっていることを冷静に受け止めればその時々で

何を準備すべきなのか、目先の気持ちや問題ばかりに

振り回されずに対処出来ると思います。

sponsored link

分かり易い基準としてアセンダントに対するトランジットの

木星と土星を取り上げましたが、大切なことは、それまでの

タイミングをどう過ごすかです。

トランジットの配置がとても良い時に自分のアセンダントに

木星がくればバブルみたいな状態になるかも知れませんし、

土星が来ても相対的に楽に乗り切れる環境があるかも知れません。

ところがトランジットの影響が厳しいタイミングであれば

木星がアセンダントを通過しても社会が不景気であれば

かなり準備をしていても大変かも知れません。

まさにコロナウイルスが猛威をふるっている今の状況がそうです。

アセンダントにトランジットの木星がやって来ても飲食店を

経営されている方であれば身動きが取れないわけです。

ましてやアセンダントにトランジットの土星が来れば、そこで

倒産してしまうかも知れません。

ところがホロスコープの使い方を知っていて変化に対して

準備が出来ていれば選択肢があります。

選択肢があると言うことは幸せなことです。

それは厳しい運勢を避けることよりも幸運に対して自分自身が

選んだという実感がある人の方が同じような内容であっても

何倍も幸せを感じられるからです。

今日も積極的に行動する人には、かなり良いことがある日ですが、

自分自身のアセンダントにいつ木星や土星が訪れるかという流れを

逆算出来ていると更に意味のある幸運に出来ます。

ちなみに現在は、木星も土星も水瓶座です。

木星は、もうすぐで魚座に入りますがまた水瓶座に戻って来ます。

本格的に木星が魚座入りするのは年末からです。

大きな流れを変えるタイミングに対して、それまでの運勢を

使っていくと一貫性が生まれます。

全てを長期的な視点で見る必要は、ありません。

人には、不思議な優秀さがあってこの時期が変わり目で、その時に

こうなりたいと思っていると自然にその流れを作り出していけます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!