三浦春馬さんが完成させて来た仕事の数だけ現れるコインの7のカード(三浦春馬さんとスピリチュアルな対話)

sponsored link

タロットカードを使って三浦春馬さんとスピリチュアルな

対話をした時にコインの7のカードが出て来た場合に

付いて書いています。

三浦春馬さんは、自分自身の死をどのように感じているのか

という記事では、コインの7の気持ちが動かない側面について

強く感じましたが、この記事では、コインの7のカードの

ポジティブな側面について書きたいと思います。

コインのカードは、ものとして出来上がった状態です。

一番イメージし易いのは、何かの製品です。

そして7という数は、物事が豊富なことを意味します。

豊富になる理由は、収穫期だからです。

このように考えると三浦春馬さんとのスピリチュアルな対話の

内容によっては、Night Diverのmvが完成したとか、天外者が

とか、ブレイブが無事撮り終わったとか、大なり小なり他にも

沢山、達成されたことがあったと思います。

ただリンク記事についてタロット占いをした時は、結局天外者の

公開決定を待たずにということになってしまいましたから

タロットカードを引いたタイミングと内容を考えると正位置でも

豊かな収穫とは読めなかったのです。

その背後にある気持ちがそれほど動かない状態の理由を

強く感じたのだと思います。

sponsored link

もし三浦春馬さんとスピリチュアルな対話のテーマが死の前後とは

関係なく「#三浦春馬のここが好き」みたいなテーマでカードを

引いたならばコインの7のカードは、三浦春馬さんにとって

作品として自分自身の演技のレベルとして三浦春馬さん自身が

納得できるものを出せるようになった、出せたよということを

伝えてきている内容になると思います。

私もそうですが、多くの人が三浦春馬さんの過去作品を

見直し始めています。

それらの作品を見ていると様々な時期の三浦春馬さんがいて

それぞれの三浦春馬さんにその時のことを尋ねてみたくなる

こともあると思います。

そのような場合は、安堵ともにやっと完成(人前に出せる)

という思いが伝わってくると思うのです。

進撃の巨人とかであれば、いろいろ言われたりもしましたが、

きっとコインの7のカードは、正位置で出て来るのでは

ないでしょうか。

もし逆位置であれば何故そのように感じているのか

(まだ完成していない部分があった、こうしたらもっと

良くなる部分があるように感じていた)ということになる

でしょうから、その理由について尋ねてみることが大切です。

そうすると三浦春馬さんしか知り得ないようなエピソードを

知ることが出来るかも知れません。

このような対話の積み重ねの中で浮かび上がってくる

メッセージデザインみたいなものは、回を重ねるほど

関連性や整合性が表れてきます。

その中に真実みたいなものが横たわっているのです。

みたいなものと言うのは、それは読み手にとって感じられる

真実と言うか、確かさと言うか、少なくとも何らかの手応えが

そこにあります。

このカードは、三浦春馬さんが仕事をやり遂げた数だけ

登場する可能性がある実際的なカードです。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

三浦春馬さんのその他のタロットカード解説は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!