明日の蠍座の満月の大切なポイント

sponsored link

明日の蠍座の満月に付いて書いています。

一つだけ気にしたいことは、天王星です。

今回の満月だけでなく今年は、天王星が様々なテーマに

関わってくる年です。

満月は、太陽と月のオポジションですが、蠍座の満月と

言うように月の変化が大切になって来るのですが、この

土星が密かにフォローしている天体が月です。

この天王星は、今回の満月に関わらず年末でもずっと

土星とスクエアになっています。

つまり私たち月のサイクルを通して月(気持ちを初めとする

自分自身)を守るルールや壁を1年かけて変えていく年なのです。

満月自体は、第3ハウスの月と第9ハウスの太陽で起こりますが

蠍座と牡牛座の組み合わせは、他者と自分自身の組み合わせとも

言えます。

そう言った意味では、今回の蠍座の満月は、他者との関係性に

おけるコミュニケーションスタイルや精神的なスタンスを

見直す、振り返る(満月)ことも大切です。

大きな意味で蠍座の満月は、何かしらヒントを受け取ることが

出来るタイミングでもありますから受け取る内容を意識的に

限定せずに身体と精神を合わせたリアリティーのある自分自身(月)が

生きるルール(土星)を変えていく天王星の働きかけを感じ取ることが

大切です。

sponsored link

蠍座の満月の後も月のサイクルは、巡り続けますが、自分自身を

変えていくことには、変わりません。

月が蠍座で太陽が牡牛座ですから自分自身は、こうだみたいな

部分を見直すのは、意外としんどいことです。

だからこそ具体的(牡牛座)に繋がり方(蠍座)の変化に関して

何か閃いたら実行する価値はあります。

1年を通して少しずつ変わっていければ良いわけですから

あんまり大袈裟に考える必要はありません。

特に第3ハウスに蠍座の月があるわけですから秘密厳守みたいな

感じでも構いません。

何でもかんでも大っぴらにする必要はありませんし、見えない

部分やささやかな部分だけれどもけっこう大切なところを

変えていくことがポイントになります。

月は土星の守護する形に馴染みますから土星が天王星に変えて

いかれるゆっくりとしたプロセスに合わせて確実に変わって

いければ良いのです。

今回は、牡羊座の新月を受けての蠍座の満月でしたが、これからも

順次サイン(星座)を丁寧に辿っていきます。

そう言った意味では、最初の新月の成果になります。

今年は、それぞれのサイクルを単発で捉えるよりも新しい自分自身に

なっていくために今回は、「これ」次は「あれ」みたいな感じで

少しずつ取り組めれば大きな全体像が描けると思います。

それまでと変わり始める時は、上手くいかないことや感覚的に

だるくなることが多いものですが、積極的に変わっていくことは

単に成長ということだけでなく他の力に変わらされる不運から

自分自身を守ることでもあります。

どうしたら良いか分からない時は、変えたい部分で今出来ることから

無理なく変えていければ良いと思います。

牡羊座の新月からの最初の一歩ですから力まずに出来ることからで

良いのではないでしょうか。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!