ワンドの1のカードは、とてもお茶目な三浦春馬さん(スピリチュアルな対話)

sponsored link

タロットカードを使って三浦春馬さんとスピリチュアルな

対話をした時にワンドの1のカードが出て来た場合に

付いて書いています。

三浦春馬さんとワンドの1のカードを考える時に思い

浮かぶのは、私たちがあまり知り得ないこと、もっと言えば

三浦春馬さん自身も生前は気付かなかったような三浦春馬さんの

心の中だけで起きていたことについて伝えてきている可能性です。

何故かと言うと、このワンドの1というカードは、積極的に

周囲の環境と違ったことをしようとする無意識レベルの

動きを表しています。

三浦春馬さんは、かなり意識的に周囲に対して優しく

あろうと努力されていました。

もちろん、それほど務めなくても善意の人(太陽と

バーテックスのトライン等のアスペクト)なのですが

常に他者に配慮することを心がけていたように思えます。

そのような三浦春馬さんにとって敢えて波風を立てて

自分自身の存在を際立たせるようなワンドのカードを

自分自身だけのために使う機会は、なかなか持てなかった

のではないでしょうか。

もちろん子供の頃は、好きな子にちょっかいを出すような

お茶目なこともあったかも知れませんが、ワンドの1の

カードの本質は、まさにこのようなやんちゃにあります。

別に変わったことをしようと思っているわけではないのに

知らない間にそれまでと違ったことをしたり、周囲の他の人が

やらないような変なことをして無意識に誰か(周囲の人)の気を

引こうとしてしまうことにとても似ています。

sponsored link

自分自身も何でそのようなことをしているのか自覚が

ありませんから、ワンドの1の段階の衝動性はその時だけ、

一時期だけで終わってしまう傾向があります。

大人になった三浦春馬さんにもけっこうユニークなエピソードが

あるのを皆さんもご存知と思いますが、そのようなものが

ワンドの1のカードで完結することです。

三浦春馬さんとのスピリチュアルな対話が平和で他愛もない

内容であれば、そのような思い出話や楽しく感じたエピソード

かも知れません。

前後のカードや受け取ったイメージが重い内容の場合

何かを動機にして三浦春馬さんの心にこのままこの環境に

居てはいけないという無意識の衝動が起こって(ここまでが

ワンドの1のカード)、そのような感じ方が確実に育っていって

計画性を伴うような情熱に育っていく場合もあります。

しかしこれはワンドの1のカードの表す領域を超えていますから

その時に引いた他のカードと併せた解釈になります。

つまり何かしら新しい情熱が湧き上がってきて、それが

確実に育っていった状態です。

三浦春馬さんの場合であれば、20歳くらいの頃に

俳優を辞めて農業をしたいと感じた時や2020年の独立への

具体的な準備が三浦春馬さん自身から周囲の環境から離れて

意図的にそれまでと異なる主張をしようというところまで

気持ちが盛り上がったことではないでしょうか。

ややこしいことですが、タロットカードの気持ちを表す

小アルカナのカードには、カップのカードがあります。

カップは周囲の環境に溶け込んだものですが、ワンドのカードは、

それまでと異なるものを持ち込みます。

ですからほとんどは、消滅します。

自分自身が面倒になって止めてしまうこともありますし、

周囲の人が反対することもあるでしょう。

育ってしまえばそれまでとは、異なる存在になってしまうのです。

ワンドの1のカードは、まだ何となく思っただけのかなり無自覚な

カードですから、このカードだけに限れば三浦春馬さんの他愛ない

お茶目な気持ちが表れたと解釈すれば良いと思います。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

三浦春馬さんのその他のタロットカード解説は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!