三浦春馬さんの愛情に対する価値観を知りたい時に出て来る可能性が高いカップの6のカード

sponsored link

タロットカードを使って三浦春馬さんとスピリチュアルな

対話をした時にカップの6のカードが出て来た場合に

付いて書いています。

三浦春馬さんは、生前、自分自身のことをあまり怒らない

タイプであるとおっしゃっています。

それは恐らく様々なことを判断する時に愛情や自分や相手の

動機を邪推せずに純粋な思いから行われたことだと考えて

いたからでしょう。

現実世界には、策略を持って他人に近付くタイプの人も

いますから、そのようなタイプの人に狙われるとなかなか

自分自身を守る態勢に入れなかったかも知れません。

一生懸命向き合っていけば三浦春馬さんの善意が伝わると

信じていたかも知れません。

このような心情をタロット占いでは、小アルカナのカップの

6のカードが表します。

大袈裟に思われるかも知れませんが、三浦春馬さんの性格は

天使みたいなところがあります。

三浦春馬さんのホロスコープにも現実的な地のサイン(星座)や

感情的(情緒的な部分)な水のサイン(星座)もありますが、

インターセプトされていて簡単には、取り出せない状態に

なっています。

sponsored link

なかなか取り出せないからこそ大切にする美化していくとも

言えるかも知れません。

演じる時には、その役柄を通して素の自分自身だけでは

触れ難い感情を表現する許可を自分自身に出せるのかも

知れません。

しかしそれでも怒る演技は、普段ほとんど怒らないから

難しいと2019年に答えていらっしゃいます。

愛情は、美しいものであって欲しいと考えたり、純粋で

あるべきだと考えるならばカップの6のカードは、正しい

意味合いを持ちます。

三浦春馬さんとのスピリチュアルな対話の解説記事に

気持ち良くない事件の固有名詞は書きたくないので

書きませんが、愛情をお金の価値で計るタイプの人もいます。

平等に言えば、これは善し悪しではなく個人の価値観です。

そしてどんな人であっても純粋な部分をゼロパーセントで

良いと割り切っていないと思います。

現実的に愛情を支えるためには、純粋な愛情や理性的な部分、

現実的な打算、情熱的な意欲も必要でしょう。

天使のような三浦春馬さんでもまったく家事が出来ない女性は、

ちょっと遠慮したいみたいなことをインタビューで答えています。

恐らく散らかった部屋には、住みたくないのでしょう。

そして何よりもこれらのバランスを支えるその人自身の

魂レベルの力(魂という表現が嫌な人は、混同しますが

気持ちの強さ)が必要です。

自分自身の愛を信じる強さです。

三浦春馬さんとスピリチュアルな対話をしていてカップの6の

カードが出て来ても愛情のどこかに他の要素もあって

その中で純粋な思いが一番大切だと思ってこのカードを

読むと前後のカードと意味が繋がっていくと思います。

あくまでもスピリチュアルな対話の例えですが、愛情がとても

大切だと思っていたけれども、信じてもいたけれども

現実のチャリティー活動には、裏があったとか、そんなことを

伝えてきている可能性もあります。

生き方によっては、常に人には裏があると信じている場合も

あるでしょう。

実際、そのような場面に遭遇することは長く生きるほど

多いかも知れません。

しかしそれでも更にその裏に愛情を求める強い気持ちがあることに

気が付いた時にカップの6のカードの輝きは、変わってきます。

他の小アルカナのカードの6番目のカードも同じです。

愛情に対する価値観に優劣を付けるのではなくバランスです。

そしてそのバランスや現実に対する繋がりは、その人の魂の

質と大きく関わってきます。

質の善し悪しではありません。

傾向みたいなものです。

今世の課題の影響もあるでしょう。

このような読み方をするとカップの6のカードやその他の

小アルカナの6番目のカードは、かなり意味合いが深くなります。

もっと言えば「THE LOVERS」(恋人のカード)のカード

意味が多層的になります。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

三浦春馬さんのその他のタロットカード解説は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!