三浦春馬さんの本音や重要なメッセージを伝えてきている可能性があるソードの7のカード

sponsored link

タロットカードを使って三浦春馬さんとスピリチュアルな

対話をした時にソードの7のカードが出て来た場合に

付いて書いています。

一つのカードは、様々な読み方が出来ますが、三浦春馬さんの

場合は、良く出れば不言実行ですし、悪いということではなく

2020年に関して言えば一人で抱え込み過ぎたとも言える

部分を表しています。

ソードの7のカードは、誰にも相談せずに自分自身の意志

だけで決めて行動してしまいます。

もちろん、周囲に配慮した行動を心がける三浦春馬さん

ですから独善的な性格という意味ではありません。

状況がそうさせた時と言えるでしょう。

つまり三浦春馬さんとスピリチュアルな対話をしていて

ソードの7が出て来た場合は、何かしら苦しい状況や気持ちを

抱え込んでいて自分一人で何とかしようとしています。

三浦春馬さんの場合は、どうしても7月18日に関する問題と

それ以外の問題を分けて考える必要があります。

7月18日以外の仕事ことであれば

三浦春馬さんは、乗り越えるべき壁として様々なことを工夫し

努力することで乗り越えてきました。

そしてその成果は、要求されているレベルを超えることの方が

はるかに多かったのではないでしょうか。

sponsored link

7月18日の問題

これはまったく別次元です。

他の人を巻き込みたくないという理由だったかも知れませんが、

誰にも相談せずに何も伝えずに黙って行動した可能性があります。

交渉相手や現場に対する信頼感の有無というレベルではなく

安心出来ない雰囲気どころか危険を感じて痩せ細っていった

のかも知れません。

ソードの7のカードを引いた全てのパターンについて

ソードの7のカードは、自分一人で考えて行動するという意味が

ありますから前後のカードを通してその理由を考えることが

大切です。

とても周囲に配慮して行動する三浦春馬さんが何故そのような

行動を選択したかでカードの意味することがガラッと変わります。

三浦春馬さんに限ってあり得ない事ですが、無責任とか裏切り

と言うようなことを意味することもあるカードです。

しかし共演者のカメラ映りまで気遣って自分自身の立ち位置を

微調整する三浦春馬さんがソードの7のカードにそのような

意味合いを持たすような行動をすることはないでしょう。

もちろん人間ですから決めつけてしまうとスピリチュアルな対話は

成り立ちませんから基本的にフラットな状態で感じることが必要です。

特に男女関係の別れであれば相手は、三浦春馬さんと別れることを

納得していなかったかも知れません。

仕事であってもオファーされていても断ったこともあるでしょう。

しかし私的なこと以外で三浦春馬さんが単独で決めて実行する

ことがあったのでしょうか。

まったく分かりませんがちょっと想像し難いところがあります。

ですから状況次第で正位置が出ても肯定的な意味合いでは

無いかも知れませんし、逆位置も然りです。

三浦春馬さんが自分一人で決めて行動した理由の他に大切なことは、

どのような要因が加われば三浦春馬さんが意図した状態に

なれたのかということです。

何故ならソードの7のカードだけでは、自分一人で決めて行動

しただけで、まだ何も解決していないからです。

ですから三浦春馬さんとのスピリチュアルな対話する時に

ソードの7のカードが出て来た場合は、かなり重要なメッセージを

受け取る可能性があります。

7月18日がなかったとしてもいつも穏やかな三浦春馬さんの

本当の気持ちが伝えられてくる時に一緒に現れ易いカードとも

言えると思います。

三浦春馬さんのその他の記事は、こちらです。

三浦春馬さんのその他のタロットカード解説は、こちらです。

sponsored link
error: Content is protected !!