これからの運勢を上げるポイント、愛情運を上げたり望む状態を素早く叶える天王星の使い方

sponsored link

このブログは、冥王星の使い方について書くことが

多いですが、今回は天王星を使って愛情運を上げたり

望む状態を素早く叶える方法です。

明日は、相性の良い人や自分自身の適正を簡単に見極めて運気の流れを変えるチャンス

という記事を書きましたが、当日です。

今日は、太陽の他に天王星もアセンダントとコンジャンクションです。

この天王星の使い方について少し書きます。

アセンダントと天王星がコンジャンクションする時は、距離感を

上手く使うことで願いが叶い易くなります。

トランジットの天王星には、こうすれば良いというものは

無いのでいくつか例を上げますから感じ取って頂けたら嬉しいです。

1、人間関係を広げてみる。

反対に絞ってみる。

2、別れたい恋人やパートナーと距離を取ってみる。

誰かと結ばれたい時も同じです。

しばらく会わないとか、別居して冷静に自分自身を見詰め直す。

3、「1」で広げた人間関係を狭くしてみる。

反対に広げてみる。

4、1~3は、人間関係でしたが、自分自身が取り組んでいる

仕事や趣味、生き方、方針等を広くしたり狭くしたり、

止めてみたり、始めてみたりする。

まとめ

天王星は、距離感を変えることで変化を作り出すことが出来ます。

そこには試行錯誤が伴いますからそれに耐えられないと感じる人は

使わないで下さい。

しかし天王星を使いこなすことで素早く望む状態に辿り着くことが

可能になります。

それは独創性を発揮するからこそなのですが、リスクを承知で

自分自身が見ているビジョンに飛び込んでいくからです。

少なくとも気になっていることに対して距離感を操作することで

何らかのビジョンを得ることが出来ます。

sponsored link

人間関係が例えだと重いかも知れないので食べ歩きを例に考えると

色んな味を積極的に試してみることも天王星を使っていると言えます。

これが今までは必ずAの店で食べていたけれども、これからは

Aは、止めてBにしか行かないというのは、冥王星です。

これが結婚生活であれば、いきなり離婚です。

自分自身の気持ちも相手の気持ちも確かめないで即離婚です。

とてもお似合いで幸せなカップルでも、絶対に別れるみたいな経験を

大なり小なりしたことはあると思います。

そんな時はケンカをしていますから距離が離れるわけです。

この距離が離れる作用が天王星です。

しかし離れたことでお互い相手の言っていることの素晴らしい部分が

理解出来たり、もう別れてやると思って思い切った行動を相手が

素晴らしいと感じたりすることもあります。

それどころか二人が抱えていた問題を大きく前進させることだって

あります。

二人の距離が近いままであれば解決しなかったことがあっさりと

解決してしまうのです。

言い方を変えれば天王星も使わずに別れてしまうカップルは、

どんなに仲良く見えてもどんなに何年も交際していても

本音を出したら天王星の作用が別れにしかならない相性と

いうことです。

これでは何も乗り越えていけません。

長い人生、そうしょっちゅう死ぬか生きるかという冥王星に

振り回されているわけにはいきません。

天王星を使ってその時々の適切な距離感から二人の未来を見つけて

明るい未来をクリエイティブしていく必要があります。

天王星には、天才的な閃きもあります。

何年も成功しなかったことを半年もかからずに成功と言うか

望んでいたレベルに持っていくことも出来ます。

今日の下弦の月は、アセンダントと太陽のコンジャンクションが

メインですが、余裕があればアセンダントと天王星のコンジャン

クションも使ってみて下さい。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!