自分自身をバージョンアップさせる方法(土星と天王星のスクエアは、味方です)

sponsored link

これからの運勢を上げるポイント、愛情運を上げたり望む状態を

素早く叶える天王星の使い方という記事を書きましたが、今年は

ずっと天王星と土星は、スクエアです。

リンク記事では、天王星の影響力を利用するメリットについて

書きました。

今年の天王星は、牡牛座でスクエアの相手である土星は、

水瓶座です。

公転周期の長い天王星の影響が勝りますからサイン(星座)的には、

牡牛座が水瓶座に影響を加えてくるような感じです。

サイン(星座)の成長の時間軸としては、牡牛座から水瓶座に

向かっていきますが、今年のスクエアは、牡牛座から水瓶座に

影響を与えます。

これを素直に読むと自分自身の資質や過去に身に付けたこと等を

通してこれからの具体的なビジョンを描くことになります。

天王星牡牛座を簡単に考えると生まれ付き適正があることと

割り切るのもありかも知れません。

才能という言葉を使うと現代社会の価値の弊害で直ぐに他人と

比較してしまいがちです。

そうではなく頑張れば頑張るほどゆとりが生まれてくることが

持って生まれた才能です。

こんな表現をするとスピリチュアルか何かと思われる方も

いらっしゃいますが、とても現実的なことです。

好きなことはいくらでも頑張れます。

頑張れば頑張るほど元気も出ますし不思議な輝きが内側から

生まれて来ます。

しかしAさんにとって楽しくてもBさんが同じことをしても

楽しいとは限りません。

それどころか拷問みたいになることの方が多いでしょう。

自分自身にとって何がそのような対象になるのかを知るためには

ある程度試行錯誤が必要です。

それが最初(3歳くらい)から分かっている人は、天才です。

今日から水星が双子座に入っていますから、まだ好きなことが

はっきりしない人は、好奇心の羽を伸ばすのもありです。

今回の双子座の水星は、逆行もあって長いので是非使って

みて下さい。

sponsored link

生まれ付きの才能に関しての説明が長くなってしまいましたが

ここからが本題です。

そうは言っても牡牛座と水瓶座の相性は、良くありません。

そのままでは土と風の元素は対立的な組み合わせです。

つまりそのままでは今年の大きな幸運のポイントになる天王星と

土星のスクエアの変革は、上手くいかないのです。

しかしちょっと自覚出来れば何も難しくありません。

先ず本当に好きなことの価値が優先されます。

この好きは生まれ付き適正があることです。

適正の意味は、世間一般の基準ではなく本来の自分自身にとって

幸せなことです。

これは必ず誰にでもあります。

福分としてこの世に持って生まれて来ています。

これを少し突き放した感じで受け取るのが水瓶座の土星ですが、

それは今の自分自身にとって一番良い状態にその才能を

カスタマイズするためです。

風の時代仕様に変更するためです。

カスタマイズが一段落したら、しばらく使ってみて再び

カスタマイズします。

実は今年は、天王星と土星がタイトにスクエアになるタイミングは、

3回あります。

つまり3回カスタマイズするとも言えるのです。

時間は連続しているとも言えますし、そもそもスクエアですから

見かけ上は不連続している側面もあります。

ですから一見ギクシャクしながらカスタマイズしていくことに

なるタイプの人もいると思います。

その辺りは、あまり気にせずに結果的に1年かけてバージョンアップ

出来れば良いと思います。

より本来の自分自身になっていくと言えますし、風の時代仕様の

自分になるとも言えます。

あんまり先のことを書くのも何ですが2022年もこのスクエアは

続きます。

だからのんびりとやれば良いということではなく、その時にしか

出来ない作業が必ずありますから、一日一日を大切にすることが

最終的に大きな意味を持ってきます。

今、どんな部分をカスタムすれば良いのか?

今、自分自身は、どんな部分をカスタムしているのか?

それが出来たらどんな感じになるのか?

これらが水瓶座の土星です。

天王星牡牛座は、生まれ持った資質です。

カスタマイズは、自己満足の世界ですから楽しい努力であり期間に

なります。

そのようなエネルギーが満ちている時に行うとやり易いものです。

異なる運気に同じことをやろうとしても捗らないものです。

いつでも良い運気はありますから、それを利用しましょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!