自分自身の才能に気付くたった一つの気持ちの持ち方と月星座・金星星座

sponsored link

自分自身をバージョンアップさせる方法(土星と天王星の

スクエアは、味方です)

これからの運勢を上げるポイント、愛情運を上げたり望む状態を

素早く叶える天王星の使い方

等の記事を最近、書きましたが、その他の幸運に関する記事も

上手く利用するコツはたった一つです。

何かに愛着を持つことです。

それを通して自分自身を大切にすることです。

リンク記事の中で「才能という言葉を使うと現代社会の価値の弊害で

直ぐに他人と比較してしまいがちです。

そうではなく頑張れば頑張るほどゆとりが生まれてくることが

持って生まれた才能です。」と書きましたが、何かに愛着を

持てるようになると自分自身にも愛着が持てるようになります。

それは、愛の原型みたいなものです。

何にも愛着を感じなかったら生きることは無意味になります。

本当は、それでも意味は、ありますが、生きるための意味を

感じることは、出来ないでしょう。

愛着が間違った方向に向かうと執着心になります。

そしてそれがとんでもないトラブルを引き起こすこともあります。

しかしそれでも何かに対する愛着がすべての出発点です。

sponsored link

それが間違った方向に向かわないためには、どんなにやり難くても

自分自身の月星座の性質に沿って扱って下さい。

そうするとその愛着をとても大切に感じられます。

理性ではなく感じられることが全てです。

自然に大切に思えることが重要です。

葛藤なく自然に自分自身の愛着を大切に思えるのであれば

金星星座も利用してみて下さい。

そうすると愛着をセンス良く扱えます。

そうすると今度は生きることが楽しくて仕方がなくなります。

もっと楽しみたくなります。

楽しいという感じ方が自然に出来るようになると何もかも

上手く回り出します。

この状態にある間は、無意識レベルで常に良い運勢に沿って

動くようになります。

月星座の性質は、安心感に関わっています。

不安発作とかが出易いタイプの人は、ここが破れています。

自分自身が愛着を感じることを手掛かりにして月星座や

金星星座にアクセスしていって下さい。

そうすると次第に自分自身のホロスコープ全体に広がって

いくようになります。

意識が様々なことに伸びていくようになるとかなり自由になれます。

金星が味方になると海王星も味方につけられます。

生きることが苦しいタイプの人や才能があるのに不安に

押し潰されるタイプの人は、海王星を敵に回しています。

曖昧な存在を上手く扱えないと生きることはなかなか難しくなります。

生きることはこうすればこうなるというものではありません。

ほとんどが曖昧です。

曖昧さを敵に回すと意味を求めますが、生きること自体に意味は、

ありません。

楽しいから生きているのです。

楽しいから死にたくないのです。

意味が無いから死ぬのであれば、みんな死んでしまいます。

少しでも良い経験をするために生きているだけです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!